美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

メイクをしないのにクレンジングは必要ですか?

時折お客様から素朴な質問をいただくことがあります。
「メイクをしないのにクレンジングは必要ですか?」
確かにそう思うとき、ありますよね。
特にゼノアの商品はお風呂で「サァ~っ」と洗い流せるタイプのクレンジングではないので、正直「めんどくさいっ・・・」って感じてしまう時だってあります。
なので基本的にメイクをされないときはクレンジングは必要はありません!
何故なら基本クレンジングはメイクを落とす目的のものであって、軽い皮脂や汚れを落とすのであれば、洗顔料だけでも充分だからです。
とわ言ってもでも、肌は寝ている間にも皮脂が分泌され、それが空気中の汚れと混ざり、意外と顔が汚れてしまっているものです。
なのであえて私は日頃メイクをしない方には時頼マッサージクリームαでの洗顔前のひと手間を行うことをお勧めしています。
時折朝マッサージを続けることで、毛穴の汚れが溜まりにくくなり、キメが整った美肌に近づくことができます! 朝の美習慣に加えてみてください。
顔が-10歳にるかもしれませんよ\(^o^)/

たかが石けん、されど石けん!
肌は内側と外側のケアが大切

このページのトップへ

加齢も怖くない!

年齢を重ねるとお肌のシミや傷跡が残りやすくなったりします。
それは新陳代謝が衰えてくるため徐々にターンオーバーが遅くなっていくからです。

肌のターンオーバー、すなわち肌の生まれ変わる新陳代謝が正常に働くと、若い方で28日、年齢を重ねると新陳代謝も低下しても28日プラス年齢とまで言われています。
年齢を重ねるとターンオーバーが正常でも日数がかかるのです。

自分の年齢をかんがえるとチョット怖いかも・・・・

逆に言えばターンオーバーをできるだけ理想の周期に近づけることが出来れば加齢も怖くないということになるのかもしれませんね。

私はシミやニキビ・くすみやシワでお悩みの方にはマッサージとパックをお勧めしています。

キメの整ったハリのある肌のためにビタミンA油(肌を整える)や白土(汚れを吸着する)を利用したゼノアホームエステの基本アイテム!

続けることで加齢対策になります。
是非試してみてくださいね。
 
11.jpg14_1s_19[1].jpg

肌が固くなるのは何故?
古い角質を取り除くケア

このページのトップへ

肌が固くなるのは何故?​

最近何だか肌がゴワゴワ…化粧水を付けるけどちっとも入って行かない。
なんて事にはなっていませんか?

触ってみるとわかりますが、それって肌が固くなっている証拠かもしれません!
肌は日々変化しているものです、手触りがゴワついている。。。
と感じたならそんな状態を放置しておいてはいけません!

そのような状態を見過ごしているとシワが深く刻まれてしまったり、柔らかさを取り戻せなくなったりと状態を悪化させてしまいます。ではいったい肌が固くなってしまう原因は何なのでしょう。。。

肌が固くなる原因の一つにターンオーバーの乱れによるものがあります。 肌はターンオーバーが乱れ古い角質が蓄積すると肌はくすみ厚くゴワゴワした手触りになり固くなってしまいます。
その他冷暖房による乾燥した生活環境や紫外線の影響、間違ったスキンケアなどで肌が乾燥してしまう・・・なども固くなる原因の一つです!

ケア商品の中には肌に刺激を与えるものも多く、症状を悪化させてしまう原因繋がる成分の商品も数多くあります。
特に毛穴の汚れを取り去るなど、刺激の強い成分の商品を使い続ければ、ターンオーバーをさらに乱し、肌のバリア機能を低下させてしまい肌がが固くなってしまった・・・なんてことも。

世の中にはスキンケアアイテムが無数にあふれていて「保湿」「キメ」「ハリ」「シワ」…など目的も様々。
肌は、日々変化し、それに見合った化粧品を使わなければ正しいスキンケアをしているとは言い切れません。

10代20代の頃から変わらず同じ化粧品を使っている方は、基礎化粧品の見直しが必要なのかもしれませんね。
特に、25歳をピークに肌内部の水分量は激減し正しく保湿できなければ、肌は固くなり、深刻な乾燥トラブルを出現させる事もあります。
今一度自分の実際の肌の状態やどうしてその肌質になっているのかを見極めてスキンケアを行うことが大切ですね。

弱酸性と弱アルカリ性 「理想的なお肌の状態」
肌は内側と外側のケアが大切

このページのトップへ