美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

常在菌を増やして、肌本来の環境を保ちましょう。

清潔にすることは良いことですが、無菌や除菌にあまりにもこだわり過ぎてはいませんか?

例えば、手をよく洗うと清潔を保てそうですが、 合成界面活性剤入りのボディーシャンプーやハンドソープなどで手を洗いすぎると、皮膚の表面にある「常在菌(じょうざいきん)」外来菌から身を守るバリアの役目も果たす大事な菌類たちも洗い落としてしまい、肌がかさかさになったりと肌本来の環境を保てなくなります。

もともと人の皮膚の表面には「皮脂膜」という脂分で出来た膜があり、10~15種類くらいの常在菌が存在します。
菌類の中でも、特に重要な働きをするのが「表皮ブドウ球菌」いわゆる美肌菌と呼ばれるものです。

表皮ブドウ球菌は、皮膚の上の汗や皮脂を食べ、グリセリンという成分を排出します。また、アミノ酸などの酸を作り肌の栄養素を作ったり、肌を弱酸性に保つことで、病原菌が外から進入するのを防ぐバリア機能になります。

その一方で肌トラブルを引き起す菌も存在します。

ニキビを生み出す「アクネ菌」や皮膚を化膿させる「黄色ブドウ球菌」が代表的な菌です。

他、紫外線を浴びすぎると肌はアルカリ性に傾き、表皮ブドウ球菌が活発に活動することが出来ません。
乾燥肌も美肌菌を棲みにくくする要因の一つでもあるので、弱酸性の化粧水で保湿をしっかり行いしましょう。

メイクをする際も、密着性・閉塞性の高い合成ポリマー入り化粧品でメイクをしてしまうと、表皮ブドウ球菌が棲みずらくなります。

これらの事に気を付けて、肌の機能を高めるために皮膚常在菌のための皮膚生理学的に考えられた化粧品で毎日シンプルなスキンケアを行ってくださいね!

メイク汚れ落とし
洗いすぎていませんか!

このページのトップへ

乳液と合成界面活性剤

暑くなってくると今までクリームを使っていた方出来ればベタベタする油分の多いクリームより、使用感がサッパリとしている乳液を使いたくなりますよね。

でも、よーく考えみてください!

適度な油分でサッパリ感を求めているということは、水分が多い事になりますよね。
サッパリ乳液はクリームより水分が多く、その分、水と油を混ぜ合わせる為に、強い界面活性剤(合成界面活性剤)が使われていることにはなりませんか?

つまり、乳液には合成界面活性剤の成分がたっぷり含まれているということなのです。乳液やクリーム、また今流行りのオールインワン化粧品などにもほぼ確実に含まれています。天然・合成の違いはあれど、肌のバリアに悪影響を与えるという性質においてはどちらも同じです。

私は以前乳液の乱用で肌トラブルをおこしたことがあり、なかなか治らなかった経験があります。 皆さん、「肌のバリア機能がおかしくなってから」 「気づいてから」、だと、その後本当に治るのに時間がかかるので気を付けてくださいね。

少なくとも、肌に毎日塗るもの、使い続けるものは、何を使って乳化をさせているのか?ほんの少しでも気にしてみてくださいね~。
本当に大切なのは、日々使用するスキンケア製品が、肌が健康に育つのに役立つ製品として完成しているか否かだと私は考えます。

ランゲルハンス細胞の働き
化粧品に含まれる成分

このページのトップへ

ランゲルハンス細胞の働き

私たちの体はウイルスやバクテリアからの影響で感染や病気にならないよう、自然に体を防御する働き、免疫システムを持っていいます。
肌も同様に「バリア機能」が備わっており、 表皮内には免疫システム「ランゲルハンス細胞」が存在します。
ランゲルハンス細胞は皮膚の免疫をつかさどる細胞でそれが正常に機能していないと肌悩みや 老化原因につながってしまいます。
「ランゲルハンス細胞」はセンサーとして皮膚内部の状況を監視していて異常を認識した場合 状況を脳へ情報伝達します。
又その逆の働きもあり、脳からの情報もランゲルハンス細胞へ伝達されます。
脳にとって喜ばしい感情は皮膚へも好影響をもたらします。つまり、過度なストレスは「ランゲルハンス細胞」肌に現れるということですね!
「ランゲルハンス細胞」は加齢・ストレス・紫外線・合成界面活性剤・活性酸素eltを長い間摂取により弱るとされています。
「ランゲルハンス細胞」が弱るとお肌が乾燥肌や敏感肌に傾いてしまします。日頃の生活を見直して出来るだけ活発に働いてもらいたいものですね!
肌の抵抗力
皮脂の役割

このページのトップへ