美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

ランゲルハンス細胞の働き

私たちの体はウイルスやバクテリアからの影響で感染や病気にならないよう、自然に体を防御する働き、免疫システムを持っていいます。
肌も同様に「バリア機能」が備わっており、 表皮内には免疫システム「ランゲルハンス細胞」が存在します。
ランゲルハンス細胞は皮膚の免疫をつかさどる細胞でそれが正常に機能していないと肌悩みや 老化原因につながってしまいます。
「ランゲルハンス細胞」はセンサーとして皮膚内部の状況を監視していて異常を認識した場合 状況を脳へ情報伝達します。
又その逆の働きもあり、脳からの情報もランゲルハンス細胞へ伝達されます。
脳にとって喜ばしい感情は皮膚へも好影響をもたらします。つまり、過度なストレスは「ランゲルハンス細胞」肌に現れるということですね!
「ランゲルハンス細胞」は加齢・ストレス・紫外線・合成界面活性剤・活性酸素eltを長い間摂取により弱るとされています。
「ランゲルハンス細胞」が弱るとお肌が乾燥肌や敏感肌に傾いてしまします。日頃の生活を見直して出来るだけ活発に働いてもらいたいものですね!
肌の抵抗力
皮脂の役割

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する