美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

ベビーソープ

肌が弱い方はよくベビーソープを使うそうです。
弱酸性タイプで、赤ちゃんの肌にやさしい・・・

と謳っているせいか、なんだか安全なものに思えますが、製品に記載されている成分表示を見ると、赤ちゃんの肌には危険すぎる化学物質が多く使われていることに気が付きます。

赤ちゃんの肌はとっても薄くて弱いので、身体を洗うときの石けん選びには気を付けたいものです。
洗浄料に含まれる界面活性剤というのは、簡単に言えば、水と油(洗浄成分)を混ぜるための成分です。洗浄料全てに界面活性剤は含まれます。

ベビーソープに界面活性剤が含まれていないということはまずあり得ません。
問題は、その界面活性剤が「合成(石油系・高級アルコール)」界面活性剤なのか「天然」界面活性剤なのかという点です。
この、石油系界合成面活性剤の何が良くないのか?

というと、「角質層を壊してしまう」ということです。肌のバリヤ機能に影響がでます。
界面活性はたんぱく質を溶かし肌の表j面にある角質細胞を少しずつ溶かしてしまうのです。

通常の界面活性剤は洗い流すことが可能で、洗い流せば問題はなく肌のバリア機能の破壊はなくなります。
しかし合成界面活性剤は衣類や食器の油分を剥ぎ取るように、皮膚表面の大切な脂の膜を洗い流し取ってしまうため、皮膚障害や肌荒れ、ひび割れの原因になります。

…やはり新生児の赤ちゃんに使う際は、合成界面活性剤不使用のものを選びたいですね。
お母さんたちには、CMに惑わされず、本当に赤ちゃんの体にやさしいベビーソープを選んでほしいものです。

お風呂
キッズコスメ

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する