美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

肌老化を促進してしまう「活性酸素」

みなさん「活性酸素」って言葉を耳にしたことはありませんか?
「酸素」と付くので、何となく美容や健康に良いものではないのかと思われている方もいるかもしれませんが、いろいろ問題があるのが、この活性酸素です。
私たちが生きていくために、無くてはならない大切な酸素。
でも酸素には体内に取り入れた後一部が「活性酸素」に変化しさまざまな老化現象を起こしたりと困った働きをします。
活性酸素自体は元々、体内に侵入して悪さをする細菌などを排除してくれるという役割があるのですが、活性酸素の量が必要以上に増えた場合、健康的な細胞をも酸化させてしまい、結果的に老化を促進してしまうのです。では、いったい肌にはどんな影響を与えるのでしょう?
活性酸素は紫外線や大気汚染などによって発生し、そしてそれがお肌の汚れや余分な皮脂と結びついてお肌をサビさせてさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうのです。
お肌の汚れに酸素がくっついて酸化する=お肌がサビつく=お肌が古くなって老化を早めシミ・シワ・肌のかさつきの原因となります。
活性酸素は美しい肌を損なうだけでなく、からだ全体の老化にも影響を与えます。 考えたくないですよね~
「活性酸素=老化」であり、肌だけでなくからだ全体を若く保つためには、「活性酸素=美容の大敵」なのです。
本来人間の体内でSODという活性酸素を消し去る働きを持つ酵素がありますが、SODの働きも年齢と共に低下します。
老化を防ぐためには体内の活性酸素を予防・抑制することがとでも大切です。
たとえば、「サビ止め=抗酸化物質」が体内でたくさんつくられるような食生活をするなど、日頃から気をつけなければなりませんね。

pH(ペーハー)
「汗」の働き

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する