美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

pH(ペーハー)

洗顔料や石鹸などのテレビCMで「弱酸性」という言葉をよく耳にしますね。
今では当たり前に聞くフレーズですが、実はこのフレーズはゼノア化粧料本舗の創立者、小澤王晃氏(おざわ たかあき)が言い始めたものなのです。
「お肌に優しい・・・」というキャッチフレーズで売れ行き好調の弱酸性製品ですが、なぜお肌に優しいとうたわれているのでしょう。
その意味を理解されていない方も多いような気がします。
それは一言で言うと、私達の肌が健康な状態のpH(ペーハー)が弱酸性を示しているからなのです。
「pH」???
昔懐かしい理科の実験で、酸性・アルカリ性のどちらの性質なのかを調べるのにリトマス紙を使ったことを覚えていますか? 酸性・アルカリ性の強さ(弱さ)をあらわすのがpHの数値です。(pH7.0を中性と言います。)
人間のカラダも部位によって様々なpH値を示しています。胃液は強酸性でpH1.5~2.0(なんと主成分は塩酸!)、血液はpH7.4、汗はpH7.0~8.0です。肝心なお肌の表面の(皮脂膜)の場合ですが、健康な皮膚のpHは4.5~6.0の「弱酸性」と言われる値になります。
お肌に優しい=刺激の少ない“弱酸性”が良いということになりますので、肌を弱酸性に整える事が肌のケアでは大切になります。
因みに脂性肌の人ほど酸性に傾き、乾燥肌の人ほどアルカリ性に傾くとされています。
特に石鹸洗顔後の肌はアルカリ性に傾いてしまいます。
この状態の肌はカビや細菌などの外敵への抵抗力が弱まっています。
短時間であれば問題ありませんが、外敵に対して無防備な状態が続くのは肌にとって好ましいことではありません。
このため化粧水はもちろん、ほとんどのコスメは弱酸性に作られています。洗顔後の化粧水は肌のpH値を速やかに弱酸性に戻すという役割も持っているのです。

「汗」の働き
素肌の仕組みを知ろう!

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する