美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

潤いのある肌とは

潤いのある肌とは、常に60パーセントから70パーセントの水分が蓄積されている肌のことをいいます。
年を重ねるにしたがい、肌の保水力は少しずつ減少していきます。
これは自然な水分量の減少で、この世に生まれてきた以上肌老化は避けられないことです。

しかし誤ったスキンケア(刺激の強い洗顔や偏った水分補給)を 続けていると、さらに肌の水分量の低下を早め十分な水分量を確保できなくなり乾燥肌、いわゆる「肌老化」を促進してしまいます。

肌の老化速度は、肌の一番上にある角質層の水分保持能力があるかないかで決まってしまうのです。

角質層には「天然保湿因子」「細胞間脂質」「皮脂」という、お肌の潤いを保つもとになっているものがあります。
これが外気と接する角質層の角質細胞内で、「天然保湿因子」と「角質細胞間脂質」がしっかりと水分を抱え込んで、肌表面では皮脂膜いわゆる「天然のクリーム」が水分が失われないように油分でフタをして肌の保湿をしているわけです。

まさにお肌はこの3つの保湿因子の見事な役割分担で、しっとりとした潤いのあるお肌を保つことができているのですね。

ところが、強い日差し、冷房・暖房の環境、無理な洗顔、加齢・・によってうるおい成分の力が低下し、肌の水分が失われやすくなります。 その結果、お肌が乾燥しやすくなり、カサつきや小じわなどが目立つようになってきます。

スキンケアには個人差がありますので、20代後半くらいの方でもカサつきを感じたら保湿成分(ヒアルロン酸など)重視のローションでケアしをしましょう。

お肌の曲がり角は25才前後といわれています。油断しているとお肌のハリにも影響しますよ。
頬の毛穴が縦に開いていたら、お肌のたるみが始まった サ・イ・ンだそうですよ。

今、おもむろに鏡を開いたあなた・・・気をつけましょうね。
「カサカサしているかな?」と思ったら、保湿性の高いローションへの切り替え時です!

現在の自分の肌質に合ったローションをお選び頂いてスキンケアをすることが、乾燥肌などの肌トラブルを改善するには必要です。
本気でエイジングケアをしたい方にぴったりのスキンケアアイテム、ローションU-1。

20_1s_52[1].jpg

レチノール配合のクリーム
肌の環境を考えた商品

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する