美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

汗疹の対処法

ここ数日雨模様が続きますよね。
この時期に雨が続くと気温も湿度も高いので、何となく身体が重く 感じたり、ジメジメした天候のせいで気持ちまで沈んだりしてしまいますよね。

湿度が高いと、小さいお子さんをおもちのお母さんの悩みは、お子様の汗疹。
汗疹のかゆみやブツブツは、子供はすぐにかき壊してしまうので化膿したり、とびひを引き起こしたりしまうことが多くあります。
汗疹に必要な対処法は皮膚を乾燥させ、皮膚を弱酸性に保ち清潔にすることが一番!

ゼノアでの簡単な毎日のケア方法としては、酸性パウダーで汗(水分)と脂を吸着して弱酸性(収れん、殺菌・・・)に保つことがおススメ!

そう言えば昔、ベビーパウダーに使われているタルクという成分に、アスベストが混入していたという話がありましたよね・・・
お客様の中にはいまだ「酸性パウダー」の成分「タルク」を気にしてご質問をうけることがあります。
ではなぜタルクは危険?・・だとか

タルク=アスベストというような認識を持った方達が増えたのでしょうか?
そもそも、アスベストが検出されたタルクというのは約30年前の低い品質のものだったとされています。

それは口から吸い込んで肺に入った際に肺に刺さって取れなくなることが原因し、長年継続して肺の細胞が刺激を受け続けることで、発がんの危険があると言われていました。

現在ではアスベストが含有されたタルクの製造は、法律で禁止されているので安心してくださいね。(アスベスト含有率0,1%以上は製造禁止)
タルクの特徴は皮膚に塗布すると滑りが良くなり、吸着力もよい!と言うこと。

ベビーパウダーなどの主成分「タルク」を そのまま肌にのせると肌の環境がアルカリ性に傾いてしまう場合があります。
この状態では、肌荒れを起こす細菌を殺菌することが出来ません。このような欠点を考慮し、ゼノアは、酸性に調整することでその欠点を補いました。それが、『酸性パウダー』です!

「夏だから仕方ない」とあきらめず、ひどくなる前に早めに、キチンと治すためにほんの少し機をくばぅてあげてくださいね。

紫外線の種類
睡眠

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する