美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

日焼け止めクリーム

蒸し暑い日が続きますね~
とにかく暑いです

今年は「冷夏」だと言っていましたが、この暑さです
たまに曇りの日があるとなんだか「ほっ・・・」としてしまいますよね。

ジリジリと照りつける夏の陽射し、特にこの季節のお肌のために絶対に欠かせないケアが紫外線対策として日焼け止めを塗ること

プールや海といった水に濡れる機会が多い夏は、小まめに日焼け止めを塗ることが大切です。
いくら効果の高い日焼け止めを塗っても、水や汗で流れたら何の意味もありません。

しかし、SPF数値の高い日焼け止めやウォータープルーフ製品は水や汗に強く長い時間化粧崩れを防いでくれるため非常に便利な反面、その分肌に負担をかけていることがあります。

水や汗に強い日焼け止めは、シリコンやそれととほぼ同様の働きをする成分構成のものがほとんどです。
そのため肌への吸着力が強力すぎるので、これを落とすためには強いクレンジングをする必要があり、肌に負担がかかる場合もある事を考えなくてはいけません

日焼け止めを塗ることは紫外線対策としてとても効果的な方法ですが、選び方を一歩間違うとお肌に負担を与えてしまうことがあるのです。

日焼け止めを塗ることによる肌に対するリスクは、大きく分けて2パターン考えられます。
(1)日焼け止めに含まれている成分によるダメージ

(2)日焼け止めを落とす時のクレンジング剤によるダメージ

この2パターンを考えると、日焼け止めには使用感や仕上がりを良くするために、お肌に刺激の強い成分を使っている製品が多く出回っている事にも注意が必要です。 そしてお肌のことを考えて、メイク等を落とすためのクレンジングにも気を配らなければならないということが分かります。

日焼け止めを選ぶ際には、ベタつかない・長持ちするなどの使用感や仕上がりの具合やSPFの高さだけで選ばず、多少汗や水に流れやすくても肌への負担が少ない成分構成の日焼け止めを選びましょう。
そして日傘や帽子・服装などにも気を配って、極力日焼けをしないように気をつけてこの夏を楽しく過ごしてくださいね

anti_sunmurn_4mmg_120ts[1]
「梅雨」の季節の肌ケア
猛暑と紫外線量

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する