美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

猛暑と紫外線量

夏真っ盛りの8月。 すでに記録的な猛暑日が続いていますね。
お出かけの際は、皆さまくれぐれも水分をこまめに摂り体調には お気をつけ下さい。
今年の夏は猛暑紫外線量が例年より増えているように感じられます。
お肌にとってはとてもハードな季節です、直接肌を紫外線にさらさないように気をつけま しょう。

ところで昨日アルバムを開いていたら、真っ黒に日焼けした子供の頃の写真が出てきました。
そういえば、昔は【小麦色の肌】といえば健康的な肌の代名詞でしたね。
でも、今では日焼けは紫外線によるやけどの一種で、肌を傷めつけているだけだとも言われています。

紫外線はUVーA波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。そのうちA、B波が地球に届いています。
一年の内でオゾン層での吸収がほとんどないUV-A紫外線量が一番強くなるのは5月といわれていて7、8月を中心とした2か月間くらいは最も紫外線UV-B量が多い時期となっています。
あのヒリヒリと真っ赤になってしまう紫外線がUV-B。
今はUV-Bがガンガン降り注いでいます。
油断をしてひどい日焼けにならないためにも外出時には日傘や帽子などを使って、一番気になるお顔には必ずUVカットの働きのあるクリームやファンデーションをつけておく事が大切ですね。

また外出から戻った時にお顔か赤くほてっている様な場合には、洗顔をしてお肌を清潔にした後、ローション(冷蔵庫で冷やしておいてもgoodです)をたっぷりつけるとほてりも治まり、お肌のひきしめにもなって気持ちが良いですよ。
特に、ローションA-30・ローションA-30αはメラニンを作りにくくする働きもあるのでお勧めです。お顔だけでなく腕や首などにも付けてあげてくださいね。

紫外線を浴びた後のケア
ファンデーションの役割について考えて考えてみましょう

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する