美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

シャンプーや洗顔フォームの「植物」の表示本当ですか

現代、ドラックストアーなどで販売されているシャンプーや洗顔フォームの表示には
必ずと言ってよいほど「植物性」「100%純植物性洗顔料」といった文字が書かれています。

このように「植物」の文字が書かれていると、何も知らない私たちに与えるイメージとしては「安心で肌にやさしい」といったものになります。
石油系合成界面活性剤は肌に悪いと避けていても、植物油脂を化学合成して簡単に合成界面活性剤につくりかえられることは知らない方が多くいらっしゃいます。

「植物性」というと自然を連想させる言葉で、環境を破壊しない、安全ですよ!
という言葉でなければいけないはずです。

いくら原料に自然界の植物性油脂を用いたとしても、化学反応で作った合成界面活性剤を自然であるかのように謳っているのはどうかと思いますね。
原料が植物であっても、弱酸性であっても、合成洗剤は自然界(人間の体を含む)にとって負担の大きいものです

植物性の洗顔料で顔が突っ張らないのは、合成界面活性剤が皮膚に留まるため肌がつっぱらないのです。
それは、合成界面活性剤は化粧品を作る際に乳化剤として使われるだけでなく、洗浄剤・保湿剤・紫外線分散剤などとしても利用できるからなのです。

石油由来だろうが天然(植物)由来だろうが合成界面活性剤であることには変わりはないのです。
長年使用し続ければ肌のバリアはいつかきっと壊れてしまいトラブルがおきてしまいます。

そのいつかが明日にならないように、化粧品の選択はキャッチフレーズの表示のみに影響されるのではなく、成分表示を見て選ぶことも大切ですね。

リーゼントに最適な「ポマード」
血行と抜け毛の関係

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する