美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

普通肌の3要素

12月は普通肌の方やオイリー肌の方も何んとなく乾燥を感じてしまう季節です。
普通肌と思っている方でも、肌質は季節・体調・年齢・生活習慣や食事の 習慣によって多少なりとも変化するものです。
やはり美肌を保ちたいのであれば、今現在の自分の肌質をしっかり見極めてお手入れを行いましょう。
例えば、日頃目立ったトラブルもなくすごしている方
普通肌の肌質の特徴は、しっとりと適度な潤いが感じられる肌のことを言います。
しっとりと適度な潤いは、皮膚表面に皮脂がきちんと分泌されていることで保たれるものです。
分泌された皮脂は、皮脂膜をつくり次の3要素を行っています。

第1 は皮脂の働きです。毛穴から分泌される皮脂は汗と混ざりあって肌の表面に「皮脂膜」とよばれるものをつくります。これは、肌内部の水分を蒸発から守ったり、空気中にある刺激物質が体内に侵入しないようにバリアーの役割をもっています。

第2 は細胞間脂質です。肌の最も外側にある角質細胞をつなぎ止めて、めくり上がらないように維持している皮脂です。この皮脂成分には脂肪酸が含まれていて、この脂肪酸の抗菌作用によって皮膚を有害菌から守っています。

第3 は皮脂は角質層と毛の表面に薄い膜をつくることによって皮膚と毛を滑らかに、しかも艶やかにするのに役立っています。また角質層内部には自然な状態で一定の水分量を含有できる自然保湿因子(NMF)が含まれているためにスポンジのように水分を蓄えています。

この3要素が整っている状態の皮膚が普通肌といえます。

皆さんこの3要素揃っていますか

3要素が揃っていない場合は、日頃お使いのスキンケアアイテムを見直してみるのも良いでしょう。
お肌の乾燥がひどい場合は、洗顔料から見直してみましょうね。

肌を乾燥から防ぐ為の工夫
30代と20代の肌の違いとは

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する