美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

30代と20代の肌の違いとは

30代の方に20代の頃とのお肌の違いについてお話をすると、殆どの方から「あらゆる肌トラブルに対して肌の回復力が弱くなった」と言う声を聞きます。
一般的に30代は、これまでケアしてきた人とそうでない人がはっきり分かれ始める年代
いわゆる、お肌の分岐点と言うことになります。
この時期から肌年齢と実年齢の差がだんだん広がっていきます。

毛穴の開きに加え目元の小じわ・お肌の乾燥やクスミといった具合に、新陳代謝が衰えにより老廃物の排出が滞りがちになります。このようにお肌の衰えが肌表面に現れ始め、肌の抵抗力も徐々に弱くなり肌質の変化も著しくなるのが30代です。

だからといって、高価な化粧品を乱用しても根本的な改善にはならないでしょう。
基本は体に良い食生活を送ることです。
暴飲暴食をしたあげく、サプリを飲んだところで何の意味もありません。

その他適度に運動をするなど・・・
流行の全身運動のヨガなども良いと思います。
動きはハードではないのですが、驚くくらい大量に発汗して老廃物を出し、本当に肌がツルツルスベスベになるのでお勧めの運動のひとつです。

基礎化粧品については、どのような成分で作られている物を使用するかの見極めも、30代以降も健康な素肌を維持できるかの分岐点になります。

肌の乾燥も特に気になり始める年齢です。
肌の水分量は10代に比べ30代は30%程度減り、さらに40代になると水分量はさらに減少すると言われています。
30代から小じわ・乾燥・ハリのなさなどの悩みが増えてくるのも、乾燥が影響しているからです。

石けん洗顔後、20代までは「お肌を弱酸性を整えるローション」で中和、収れん(引き締め)をして、「肌の環境を整える」だけで良かったのですが、 30代からは基本ベースプラスαの保湿力の高いローションでお肌を潤し、ケアすることも大切になってきます。
いつまでも美しく、凛としたつや肌を始めませんか

u1sss[1].jpg

美肌の条件
お肌と向き合う時間!大切ですよ

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する