FC2ブログ
あらゆる製品に使われている「合成界面活性剤」
皆さん、合成界面活性剤と聞いて「ぱっと」頭に浮かぶものは何ですか?
ほとんどの方は合洗濯洗剤や食器洗い洗剤、いわゆる「洗剤系」が浮かびますよね。

洗剤を通して合成界面活性剤が脂をとり過ぎて肌への負担があるということは、毎日の実体験で判っている方は多いと思いますが、もしその成分が化粧品に使われていたとしたら皆さんはどう思いますか?
今回は、化粧品などによく使われている界面活性剤について、簡単に書きたいと思います。

界面活性剤とは、本来混ざり合うことのない「水と油」を混ぜ合わせる働きをするもので、洗剤には欠かせない物質です。
この界面活性剤は大きく2つに分けられます。

脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム(自然界から抽出された成分)で作られたものを「純石鹸」と言い、それ以外の界面活性剤を「合成界面活性剤」といいます。

昔から一般的に利用されていたのは石油から抽出された合成界面活性剤でしたが、今や糖質・コラーゲン・ケラチン・アルコール類・油脂などからも合成界面活性剤を作ることが出来るのです。

合成界面活性剤は浸透力・脱脂力・乳化力・吸着力・殺菌力・防腐力・色素調合力にもすぐれ、化粧品などに用いることで見た目や肌の感触がよくなり、一度作られた製品はほとんど変質もしません。さらに低コストであるために、あらゆる製品に広く使われています。
(ボディーソープ、シャンプー、リンス、洗剤、歯磨き粉など・・・)

特に気をつけていただきたいことは、合成界面活性剤はどれも肌にとって
「効き過ぎる」=負担になるということです。

どのように肌へ影響を及ぼすか、は次回のブログに書きたいと思います。

お肌が「ピリッ!」
ミネラルオイル(鉱物油)の安全性

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

genoafun

Author:genoafun
潤いと透明感
貼りのあるお肌
艶と腰のある美しい髪・・・

ゼノア化粧品通販 e-genoa shop のスタッフブログへようこそ!
初めてご訪問された方は、こちらの記事をお読みください。




カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
GENOA

ゼノア化粧品のご購入は
ゼノア化粧品通販 e-genoa shop
をご利用下さい。
携帯からも商品が購入できます。
バーコードを読取って下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク