FC2ブログ
一年間ありがとうございました。
こんにちは、本日27日でe-genoashopのは仕事納めでございます。
年々、1年が過ぎるのを早く感じてしまうのは私だけでしょうか・・・
今年もあっという間に過ぎようとしています v(*^U^*)v
本年も美肌日記をご愛読いただきまして本当にありがとうございました。
来年精一杯皆さんのお役に立てる情報をお伝えできる様に頑張ります (´ゝ∀・`)ノ
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様が素敵な1年の幕開けを迎えられますよう、心よりお祈りしております。
肌改善
もぉ~歳だからと肌改善を諦めてはいませんか⁈
40代を過ぎると若いころとは違いニキビや脂っぽさはあまり感じられなくなっては来ましたが、逆に肌が乾燥しがちで小じわが目立ち歳を取ったよに感じられることはありませんか。

気になると鏡を見るたびに、肌の小じわがどんどんきになり、ゆうつになり、気持ちも落ち込みますよね。
まず肌の悩みを解消してみずみずしい元気な肌を実現できれば気持ちも晴れるはずです!

それには先ずは合成界面活性剤や有害性が高い添加物の名前がたくさん並んでいる化粧品の使用を中止し、肌の症状を緩和する化粧品に切り替えることは大事な第一歩です。

ただ化粧品は薬ではないので、肌に合っていても使ってすぐに劇的な変化は起こりません。

そもそも商品レベルで劇的に変わってはいけないのです!!
基本的にスキンケア化粧品の効果というのは、すぐに実感するものではなくタイムラグがあるものなのです。

あくまで肌の表面にとどまって改善の方向に向かわせてくれるのが化粧品の役目です。

肌の中に何かを入れ込もうとする謳い文句の化粧品もありますが化粧品は薬ではないので無理があります。
健康な肌を手に入れるなら肌に必要な「水分」と「皮脂」のバランスが大切です。健康な肌ではこれを自分の力で良い状態に保っています。

化粧品はあくまでも補佐と考えて合成界面活性剤入りのような 効果効能を謳った商品に依存しないで自ら潤うことの出来る肌を手に入れましょう。

健康な肌は水を強く弾く!
寝不足はお肌の大敵!
本当は怖い歯磨き粉
歯磨きをした後に、何か食べると、味がよくわからなくなる事はないですか?

それは舌の表面には味蕾があり、味覚(甘い・辛い・酸っぱい・渋いなど)はここで感じるものですが、歯磨き粉の発泡剤として入れられているラウリル硫酸ナトリウムが味蕾に悪影響を与えるからだといわれています。

ラウリル硫酸ナトリウムは市販の歯磨き剤のほぼ全てに含まれると言っても過言ではありません。

歯磨き粉に発泡剤として用いられているラウリル硫酸ナトリウムは、舌の味蕾(味覚の細胞)を溶かすからそれだけではなく口腔粘膜から吸収されてタンパク質を変性させてしまいます。

なぜ安全性に疑問があるラウリル硫酸ナトリウムは使い続けることができるのでしょうか? 疑問に思いその理由を調べてみました。

それは歯磨き粉に発泡剤として添加される量は非常に少ないため、健康体であればあまり神経質になる成分ではないとか・・・

でも毎日毎日365日歯を磨くことを考えると、たとえ一回の量が少量でも「影響がない!」なんていえるのか、疑問に思います。

日本は多くの添加物が許可されていますが例え1回分の量が少量でもその種類や使う頻度から考えると安全であるとは考えにくいのですが・・・

皆さんはどう思われますか?

私はj消費者の方々が自らのカラダのこと、カラダに入るもののことについてもう少し興味を持っていいのではないかと考えます。 毎日使うものこそ安全なものを選ぶ必要があるのではないでしょうか。

市販の歯磨き剤に入っている、「つぶつぶ」には要注意を!
日々できるお肌のくすみ対策

テーマ : 歯をキレイに
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

genoafun

Author:genoafun
潤いと透明感
貼りのあるお肌
艶と腰のある美しい髪・・・

ゼノア化粧品通販 e-genoa shop のスタッフブログへようこそ!
初めてご訪問された方は、こちらの記事をお読みください。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
GENOA

ゼノア化粧品のご購入は
ゼノア化粧品通販 e-genoa shop
をご利用下さい。
携帯からも商品が購入できます。
バーコードを読取って下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク