美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

宣伝文句に惑わされるな!!

皆さん!なぜ人間は髪を洗うとおもいますか?
変な質問ですよね。

そんなことは考えるまでもなく、頭皮から出る脂でベタついたり汗をかいたりで臭くなったりするので気持ち悪いからですよね!
では何で洗うか?

水、お湯、だけでは皮脂汚れは落ちないので、シヤンプーを使いますよね

シャンプーという名の洗剤とは石鹸と化学成分で作る合成洗剤の2つに分かれます。
この合成洗剤に使われる洗浄剤こそが、台所洗剤、洗濯洗剤、そしてシャンプー、ボディーソープ、クレンジング、などと共通しているのです。

共通している・・・?
そうなんです!

実は違うのは濃度と香料、使いやすいように潤滑剤が入れてあるだけで、あとはそれ相応の商品をイメージしたキレイな容器に入れてタレントを使ってCMでもすれば「シャンプー」と形を変えるのです。
シャンプーとは洗剤ですメリットはネームバリューも歴史もある商品ですが、合成洗剤なのです。

自分の髪を美しくするかは自分次第です。
宣伝文句に惑わされず商品選びを心掛けたいものですね

【化粧品の成分】
季節によって変化する肌…
ゼノア化粧料本舗の商品は ゼノア化粧品通販 e-genoa shop からご購入下さい。

このページのトップへ

ビタミンD

皆さん!花粉症は大丈夫ですか?
春先になると、スギの花粉の状況が気になりますよね。

実は一年中なにかしら植物の花粉が飛んでいるので、私もいつ花粉症に見舞われてもおかしくないのかもしれません。
現在はお蔭様で花粉症は免れていますが、お客様の中には花粉症が酷くて悲惨な思いをされているというお話もお聞きします。
 
先日、お客様と一度行ってみたいと言う病院の話しになりました。 その病院はテレビで紹介された病院で、花粉症を薬を使わないで改善するという病院だったそうです。 いわゆる栄養療法ですねっ。 

 「ん?栄養療法?」と思い、少し調べてみました。
すると、その病院では定期的に血液を採取して血液中の成分が基準値を満たしているか検査し、欠乏している成分をサプリメントとして処方しているということらしいのです。

このようにしてわっかった事が、花粉症の患者さんに共通して欠乏しているビタミンで最も多いのがビタミンDだそうです。
ビタミンDは、喘息やアトピーの症状の軽減にも効果のあるビタミンで知られています。

花粉症も同じアレルギー症状なので、ビタミンDの摂取により改善の効果は得られると考えられています。
花粉症の方はいろいろと対策をしておられるとおもいますが、その1つにビタミンDの摂取も取り入れてみられてはいかがでしょうか。

活性酸素
3月は肌が不安定になる!?

このページのトップへ

唇のガサガサ

こんにちは!e-genoa shop 松土です。
まだまだ寒く乾燥気になる季節ですがれでも暖かい日は春物のコートを着たことに後悔するほどの日もありますよね。

休日にお散歩していると、梅の花が咲いていたり、品種によっては、桜も咲いていたり…と少しずつ春が近くなっているのを感じています。暖かい日などは寒暖の差があって体調管理も難しい時期ですがみなさんお気をつけください♪

とは言えまだまだ肌寒い日も多くお肌の「乾燥!」も気になりますね。
肌のカサカサは顔も手も足もカカトもすべて気になりますが、ガサガサした唇、皮むけにも困ってませんか?
最近では、男性でも年中リップクリームが手放せない人が増えているとか!
唇が荒れてガサガサになって口紅がにじむようになってしまっていては、せっかくのメイクも台無しです。

唇の縦ジワの最大の原因は乾燥です。
そして、年齢により皮膚の弾力が失われたことも原因の一つと考えてもよいでしょう。
縦ジワの改善には唇をマッサージすることが効果的です。

簡単な方法としてはマッサージクリームを多めに唇に馴染ませ、指で小さく円を描きながら唇の左端から右端へとマッサージします。その際に左指は唇の端を押さえるようにするとしっかりマッサージができますよ。上唇から始めて下唇へ。
逆からも行って見ましょう。

3セットもすれば十分です!
マッサージのやりすぎは、かえって唇の負担になってしまいますので気をつけましょう
後は血液の循環を促すために、軽く摘んだりたたいたりして適度な刺激を与えてあげることもお勧めです。

マッサージをやり終えたら、余分な油分は塗らしたコットンなどで拭き取ってくださいね
いかがでしたでしょうか?唇の乾燥はほおっておくと角化が進み、硬くなってきます。
週に一度するだけでかなり変わってくると思いますよ。

まずはゆっくり時間があるときにでも試してみて下さいね。

冷えと乾燥
セラミドが作られる過程

このページのトップへ