メイク汚れ落とし

素肌が健康で潤いがあると、実年齢よりも何歳か若く見られたりしますよね。
一歳でも若く見られたい・・・そう思う気持ちは女性なら誰しもあるものです。

ところが、今や冷暖房の普及により乾燥肌の女性が増えてきているように思えます。肌老化は紫外線や空気の乾燥などの外的影響はもちろんのこと、年齢を重ねるとともに肌自身の保湿力が低下するため、かさつきを常に感じてしまうのです。

そうです!肌老化の第一のサインは乾燥肌が原因だったのです。

ゼノアでは乾燥肌による加齢対策のケアとして、基礎化粧品のコールドクリームをお奨めしております。
なぜなら皮膚での角質の水分保持は、角質細胞内にある天然保湿因子(NMF)(=吸湿性アミノ酸)が空気中の水分や真皮からの水分を吸湿して肌に潤いを与えているのです。

MNFは天然保湿剤でもありますが、自然の界面活性剤でもあるのです。お肌の常在菌が天然の界面活性剤をつくり、MNF(天然保湿剤)に産出しているからです。

美容のため顔にあてる蒸しタオルも、いきなり顔にあてると(水分が存在するので)MNF中の界面活性剤が活性化して脂をとりすぎてしまうのです。そのような時もお肌が大丈夫なように、蒸しタオルをあてる前に無水コールドクリーム(油分)をすりこむことをお奨めしております。 もちろん無水コールドクリームは、メイク落としとしてもお使いいただける商品です。

ゼノア化粧品はお肌の状態に合ったコールドクリームを他にも商品を取り揃えております。
ご興味にある方は下記をご覧ください。

【ゼノア化粧品kメイク落とし】

コールドクリームU-1
コールドクリーム
コールドクリームNAN
コールドクリームクラシック

テーマ : コスメ・スキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

石けんシャンプー後のクエン酸リンスの役割は ?

石けんシャンプーについてお役様から色々な質問を頂く中で特に多い質問が
「石鹸シャンプーの後は必ずリンスが必要なんですか?」
という質問です。

絶対に「しなければならない」、というものではないですが、石けんシャンプーで洗髪後はアルカリ性である石けんを中和するために酸性リンスを使用することが良いでしょう。

酸性リンスの目的はアルカリ性の石けんシャンプーで毛髪や頭皮の汚れを洗った後、酸性で中和しひらいたキューティクルをもとに戻し、頭皮や毛髪を健康にすることです。

更に酸性リンスは石けんシャンプーでの洗髪後、毛髪に皮膜となって残る金属石けん(石けんカス)を除去する働きもあります。
石けんシャンプーでアルカリ性に傾いた頭皮(お肌)でも、健康な頭皮(お肌)の方は再び弱酸性に戻す「中和機能」が備わっているので髪の毛の短い男性や髪の毛自体が痛んでいない子供さんなど酸性リンスを使わない方もいらっしゃいます。

髪の毛の長い女性は洗面器にはったお湯の中に酸性リンスを入れて髪全体にリンスをゆきわたらせるとよいでしょう。

お風呂
白髪に負けるな!