美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

冬の頰に〝温かみ〟を!

冬は顔色が沈みがちになりやすいです。
特に寒い冬は頰に〝温かみ〟が欲しいもの。

冬、メイクに使う色と言ったらやっぱり定番の赤!
ゼノアのフェイスカラー「オルセイユピンク」と「オロールオレンジ」を混ぜると温かみにある「サーモンピンク」に!
顔色を明るくよく映るようにするには、チークを頬のうえに少しのせると若々しく見えます。 逆に下部にのせると、頬がこけて見え沈んで見えてしまいます。

ゼノアのメイクアップカラーはもちろん安全な天然色素でつくられているので、口紅などに少量混ぜて自分色を演出することもできます。これも安全な成分でつくられたゼノアならではの特徴なのですね。


faceColor.jpg
唇の健康状態
冬のマイブーム「鍋」

このページのトップへ

冬の健康管理

皆さん!冬の健康管理には気をつけていますか?
空気が乾燥してくる今の季節は、体から水分が失われやすくなることで血流が悪く なりやすく体のあらゆるところに不調が起こります。
加湿・補給・保温・血行促進など、冬の健康 管理には「冷え」と「乾燥」の対策を考えなければいけません。
手足が冷た~くなる季節なのでお部屋の中に暖房をガンガンかけて過ごしているとお肌はパサパサになってきてしまいます。
お肌が乾燥してきて、まさに「お肌の乾燥注意報」です。

冷たい風に当たるとお肌が「ピリピリ」とした経験はありませんか?
そのような方はお肌のシグナルは「赤信号」
お肌のバリアが崩れて、潤いキープ力が低下してきているようです。
ほおっておくと大きな肌トラブルにみまわれてしまうかもしれません。

角質層は、厚さ0.02ミリほどの中に、角質細胞がレンガのように重なり合ってできています。
レンガが壊れて穴が開いた状態では、水分を保つことは出来ません。
一度この様な肌になってしまうと、なかなか元の肌へ戻ることは難しくなります。

ですからこの時季「あれ!ちょっと乾燥しているかな・・・」
と感じたら、マッサージをして角層の状態を整えてあげることが大切なことなのです。

活性酸素
常在菌と肌の健康 

このページのトップへ

活性酸素

最近よく耳にしますね「活性酸素」。 肌にどんな影響を与えるのかを調べてみました

活性酸素は、紫外線や大気汚染などによって発生し、そしてそれがお肌の汚れや余分な皮脂と結びついて、お肌をサビさせさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうのです

お肌の汚れに酸素がくっついて酸化する=お肌が錆びつく=お肌が古くなって 肌の老化を早めシミ・シワ・肌のかさつきの原因になります。

活性酸素は美しい肌を損なうだけでなく、からだ全体の老化が進みます。
考えたくないですよね~

「活性酸素=老化」であり、肌だけでなくからだ全体を若く保つためには「活性酸素=美容の大敵」なのです。
本来人間の体内でSODという活性酸素を消し去る働きを持つ酵素がありますが、SODの働きも年齢と共に低下します。体内の活性酸素を予防・抑制することはとでも大切です。日々の美容と健康に柿の葉のお茶お奨めです
柿の葉のお茶にはタンニン・カテキンを多く含む健康飲料です。
活性酸素をおさえ血糖値を下げ、健康なお肌作り、虫歯・高血圧などにも効果があると言われております。

私のお奨めの商品です。

手荒れの前に「ハンドクリーム」
柿の葉のお茶とビタミンC

このページのトップへ