無駄な抜け毛を増やさないために・・・

秋は春の3倍も髪が抜けるとも言われています。
何故ならこれからの冬に備えて、毛母細胞の入れ替えが行われるので、一時的な「抜け毛現象」は心配ないと言われていますが、人によってはこの「抜け毛現象」が冬になっても止まらず、徐々に薄毛になってしまうケースもあるのです。

洗髪やブラッシングの際には自分の抜け毛をチェックしてみてください。
太くて長い成長しきった抜け毛ではなく、細くて短い成長途中の抜け毛が増えてくる場合は要注意。

頭皮ケア対策が必要かも・・・

その他抜け毛の原因として考えられることは、夏から秋にかけての季節の変わり目は、夏の生活のツケがまわってきます。

例えば、暑さによる食欲不振や冷房による乾燥・紫外線・日焼け止めなどの影響で疲れが肌荒れになって表れることもありますし、抜け毛というかたちでも現れてきる場合もあります。

皆さん!夏の疲れは髪にも出るんですよ!

無駄な抜け毛を増やさないためにゼノアの育毛ローション「そうこん」でしっかり抜け毛対策を!
液体石けんで洗髪し「そうこん」を使い始めて、髪の質感が変わり、抜け毛が減ったなど嬉しいお声も聞きます。
それは、液体石けんで洗髪することで、頭皮を健康に保つ事が出来るからです。

シャンプーの99%は合成洗剤なのでよごれはよく落ちますが、頭皮や毛根を傷めて脱毛の原因になります。
また、髪を変性破壊して細毛や枝毛の原因になります。 昔の石けんシャンプーに代えると、3,4月で根元に太くて健康な髪が戻ってくる事がわかります。

是非、秋の抜け毛対策としてお奨めです。

洗いすぎていませんか!
白髪に負けるな!

テーマ : 抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

手荒れの前に「ハンドクリーム」

(*^_^*)秋ですね~
朝晩の気温の変化が激しいので身体がついていかない私ですが、皆さんはどぉですか。

手肌が乾燥しやすい季節で、お湯を使う機会も増えるので、手荒れが気になりますね。
なんとなく親指と人差し指を擦り合わせると「カサカサ~」なんて音がしていませんか・・・

それでは何故冬場に手荒れがおきやすいのでしょう・・・
私たちの皮膚の表面は、皮脂と水分でできたハンドクリームのような働きをしている皮脂膜で守られています。
その膜がお湯などを使用することで洗い流されとれてしまうと、皮膚の角層から保湿成分が失われ手荒れが起こりやすくなるのです

手荒れの原因は、水仕事だけではありません、土いじり、紙をたくさん扱った場合など、手荒れが起こることがあるので注意が必要です。

手にかさつきを感じているのでまだ大丈夫!

なんて思っていたら、「あっ!」と言う間に指先のパックリ割れに見舞われてしまうかもしれませんよとにかく早めにケアしましょう。

ところで、皆さんはハンドクリームを塗る時にどこからつけますか?
殆どの方は手の甲につけて、最後に手のひらに伸ばす方法をとられていると思います。

効率よく手全体にハンドクリームをつける方法は、まず適量のハンドクリームを取って手のひらの指先に乗せます
よ~く擦り込んだら次に指先、爪の生え際までよ~く擦り込みましょう。
またまたよ~く擦り込んだら、手のひら・手の甲にクリームをまんべんなく延ばしましょう。

この方法は私が研修のときに教わった方法です。
皆さん是非試してみてくださいね(*^_^*)

常在菌と肌の健康
柿の葉のお茶とビタミンC