常在菌と肌の健康

菌がいることを皆さんごっていますか?
近年なにかと殺菌、殺菌の世の中ですが、私達の身体は菌によってバランスがとられ、健康が保たれているのです。
常在菌というと腸内に住む善玉菌や悪玉菌を想像しますが、お肌にも腸内と同じように常在菌共生している肌の表面にも常在菌が存在し、肌の健康、バランスをうまく保っています。
お肌にとって大切なことは、肌環境を崩さないで美肌菌といわれている表皮ブドウ球菌を増やしてあげることです。
私たちの肌は、表皮ブドウ球菌が常在していることで健康を保っていられるのです。
この細菌は皮脂の脂肪酸などを分解して、肌を弱酸性に保っていてくれる素晴らしい菌なのです。
お肌に悪影響を及ぼす菌はアルカリ性環境を好むので、表皮ブドウ球菌がいる肌は病原菌にとって棲みにくくなっているといえます。
前述のように、表皮ブドウ球菌が少なくなった皮膚はアルカリ性に傾き、悪さをする菌が増えてしまいます。
そうならないためにも美肌菌と言われる表皮ブドウ球菌を増やしましょう。
朝は場合によっては洗浄力のある商品は使用せず素洗いだけでも、夜はTゾーンを中心に洗浄力の弱い石けんで優しく洗うことです。
表皮ブドウ球菌を増やすには、メイクをされている方は無水型のコールドクリームでメイクを落とし、蒸しタオルできれいに拭った後やさしく石けんで洗顔します。
この方法を続けることで美肌菌が住みやすい環境になり、そのためお肌も乾燥せず潤いを保つことが出来るのです。
皆さん、是非お試しくださいね。

汗疹の対処法
「皮脂」について考えよう

テーマ : コスメ・スキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

紫外線ダメージを早く改善したい!

肌の老化現象のバロメーターの一つとし、ターンオーバーの活性化が上げられます。
「昔は早く日焼けが改善されたのに、今では日焼けがそのままシミとなって残ってしまう・・・」
皆さん!このようなことをそろそろ感じている方いらっしゃるのではないでしょうか・・・

「シミができちゃった!」という時でも、あきらめずに土質系のパック(ソフトパックorハイパック)でのお手入れを続けてみて下さい。

シミは少しずつ薄くなっていきます。
シミができた肌は硬くて萎縮しています。 パックで古い角質を取り除きながら新しい細胞を下から新生させ、硬くなった部分も徐々に健康な肌へと変わっていきます。

つまり、肌の新陳代謝を高>めることが老化現象の一つであるシミの対処法です。 パックをしていて「シミが濃くなった~!」という言葉を耳にしますが、心配しないで下さい。
パックを繰り返しているうちにシミの色は濃くなってきます。これはシミが表皮表面にまで出てきた証しといえます。

シミのケアは急がず安全に一歩一歩階段を上る気持ちで行うと良いでしょう。

土質系のパック
皮膚の再生

テーマ : めざせ 美肌! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

30代からの毛穴の開き

30代くらいから気になりはじめる毛穴の開き!
お手入れを怠っていないつもりでも明らかに若い時とは違い毛穴は目だってきます。

私たちの肌は年齢が増すにつれて肌のコラーゲンが減少してきます。
それに伴い肌はたるんできてハリや弾力が失われ毛穴はみるみる開いてしまいます。
肌の水分量も不足しがちになり肌のハリが失われ萎縮してしまいます。

老化による毛穴対策は、食生活を見直すことと時よりマッサージをしてたるみがちな肌に刺激を与えてあげましょう。
水分の不足した肌も正しいスキンケアで肌機能を正常に保つことで水分保持力の肌になりキメが整い毛穴を目立ちにくくなるのです。

アダルトニキビ
土質系のパック

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット