美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

洗顔

毎朝の洗顔、皆さんはどのように行っていますか?
お湯や冷水だけで洗顔する方
洗顔フォームを使われる方
石けんを使われる方
蒸しタオルで拭う方・・・

洗顔と一口に言っても色々な方法があります。
私はその日のお肌の調子によって洗顔方法を使い分けていますが、洗顔フォームで洗顔をすることはありません。

何故なら洗顔フォームの殆どに合成界面活性剤が使われているからです。
洗顔フォームを毎朝使用することで、皮脂を取りすぎてしまう可能性があるからです。
お肌の汚れは毛穴から分泌される皮脂汚れがほとんど!

夜メイク汚れは落としていても、寝ている間に空気中の汚れや皮脂汚れはつくものです。季節によって皮脂の出方に差があるにせよ、油性の汚れなのでお湯だけではきれいに落ちきれない時があります。

とは言っても、残さなければいけない皮脂まで洗い流してしまうほどの強い洗顔料ではお肌に負担がかかってしまいます。また、洗顔時のお肌には摩擦の力もかかります。
洗浄力がコントロールできる洗顔料が好ましいですね。

洗顔フォームの使い過ぎで肌バリアを痛めてしまい、敏感肌や乾燥肌に傾いてしまった方には「びがんこ」をお薦めします。
チューブタイプなので持ち運びにも便利で使い方はとても簡単です。

お化粧をしている方は安全な無水型のコールドクリームでメイクを落し、コットンもしくはティッシュで軽く拭き取ります。
蒸しタオルを2~3回あててそのままよく拭き取ります。

そして「びがんこ」の登場です。
多めに手のひらにとり、肌の状態に応じて顔全体を数回なでるようにしながら水で洗い流します。
びがんこは軽い美顔術を兼ねた土質系の洗顔料です。

石けん洗顔は好きだけどお肌が突っ張るから・・・・など、敏感肌や乾燥肌など、洗顔に気をつけている方にお薦めの商品です。

化粧品内容成分を気にかけよう
汗の臭いが気になる方へおススメ! 
ゼノア化粧料本舗の商品は ゼノア化粧品通販 e-genoa shop緑 からご購入下さい。

このページのトップへ

抜け毛が多くなる季節「春」

シャンプーの時などにいつもより抜け毛が流れ落ちてその量にビックリすることがありませんか?
特に季節の変わり目のなかでも、春と秋は髪が多く抜けるといわれています。

髪が抜ける原因は様々ですが、ストレスによるものや食生活のバランスの乱れによっておこる抜け毛など、抜け毛の原因にもいろいろ考えられます。

春は、環境がガラリと変化して精神的にもストレスが溜まり易い季節です。
居住地域が大きく変化して、水が変わっただけでも抜け毛の要因になったりします。

私たちの平均的な抜け毛の数はだいたい1日50〜100本は抜けるといわれています。
髪が長い人は、数本抜けても沢山あるようにみえるので、シャンプーの際に手ぐしに絡みつく抜け毛にビクッリすることもありますよね。

まして季節の変わり目、この季節ひそかに「抜け毛」に悩む女性が急増中とか。。。

シャンプーによっては抜け毛が進行してしまうこともあるので、頭皮も肌の延長!
顔と同様にケアしてあげたいですね。

顔の「たるみ」とゆるんだ「頭皮」
肌サイクル(新陳代謝)

ゼノア化粧料本舗の商品は ゼノア化粧品通販 e-genoa shop緑 からご購入下さい。

このページのトップへ

手荒れの原因は冬だけではありません。

手が荒れるのは空気が乾燥する冬だけ!と思ってはいませんか?
手荒れは空気が乾燥する冬だけではなく、水仕事が多いと季節を問わず手が荒れてしまうので、手荒れは女性にとって深刻な問題といえます。

水仕事もたまにやるなら気分転換にもなっていいですが、女性はほぼ毎日です。
「ちょっと手が荒れたくらいなら、大丈夫!」と放っておかないでくださいね!
放っておくと痒みがでたり腫れてしまったりと悪化してしまい、最後は皮膚科に行く事になってしまいかねません。

水や洗剤を使う場合には事前にハンドクリームなどを塗り、手の皮脂が奪われるのを防ぎましょう。
毎日水や洗剤を使う主婦などの多く見られる手荒れに、「進行性 指掌角皮症」というのがあります。水仕事の多い女性に多くできたため俗に「手湿疹」や「主婦湿疹」と呼ばれています。

どんな症状があるかというと、
乾燥して皮が剥ける
あかぎれができてひび割れをする
湿疹ができる
かゆみが起こる

親指や人差し指などのよく使う指先から症状が現れ、やがて手のひら全体にかゆみや湿疹などが広がっていきます。日常生活において手あれを防ぐには手の脂分を取りすぎないことと、物理的刺激を避けることが重 要です。
手の脂分が失われる最大の原因は食器洗いの洗剤です。

皆さん、食器を洗うとき洗剤をどのように使用していますか?
スポンジに直接つけてはいませんか?
特に合成界面活性剤使用の洗剤は洗浄成分が強い為、直接スポンジにたっぷりとつけては手荒れの原因になってしまいます。

日常使う食器用洗剤の裏ラベルをしっかり読む人は少ないと思いますが、実はほとんどの食器用洗剤の裏には、「〇倍程度に薄めてご使用ください」「原液をスポンジにつけて使う場合は手袋を」などと書かれています。使用する際は出来れは使用方法を確認して使用されることをお勧めします。

※手荒れの原因に繋がるので、個人的には合成界面活性剤使用の洗剤はお勧めはしませんが・・・

なぜなら合成界面活性剤は皮脂膜を破壊してしまうので、かさつき,荒れ,湿疹の原因に繋がる可能性があるからです。
どれか一つでも思い当たる方は、合成洗剤からせっけんに替えてみてはいかがでしょうか?また洗剤が原因ではないと思う方も、疑わしいものは避けてみるというのも方法ではないかと思います。

e-genoa shop 緑
の「ベタつき」や「ゴワつき」
ビタミンA(レチノール)

このページのトップへ