美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

美肌の基本

外出時には殆どの方がメイクをします。そして帰宅後はメイクオフ!
毎日何気なく行っているスキンケアです。
皆さんがほぼ毎日行っているこのようなリセッット洗顔こそ、5年後10年後の素肌の健康状態を決めるカギになることはあまり意識していませんよね。
ですが、メイク類をつける時よりも、落とすときの方がお肌には負担がかかっているのです。
だからこそ、洗顔類はメイクがよく落ちればよいというものではなく肌への刺激を最小限に抑えることが必要なのです。

商品表示に「100%植物性洗浄料使用」と書かれていれば、「合成洗剤」と言う表示を読んでも強力な洗浄力を持つ合成洗剤であることに全く気付かず使ったり、「水で洗い流せるタイプのオイルクレンジング剤」を使用してしまうケースがあります。
「水で洗い流せるタイプのオイルクレンジング剤」はオイルの中に洗浄力の強い合成界面活性剤を溶かし込んだものです。
確かにメイクは手早く簡単に落とすことができます。

しかし刺激が強すぎるクレンジング剤を使えば、肌にダメージを与えてしまう事にもなります。
しかも合成界面活性剤は、肌への浸透性があるのでお肌に良くありません。
汚れを落としたつもりが、合成洗剤で洗顔することによりメイクをお肌の中に浸透させてしまいクスミの原因にもなりかねません。

脂汚れ(メイク)は新しくて柔らかい油でとかして落とすとお肌に負担がかかりません。
新しい油(無水コールドクリーム)で脂汚れを溶解して拭き取った後、石けんで洗顔をします。
ゼノア81年の美顔術の基本がここにあります。

「無水コールド」は肌を保護しながら汚れを落とすので、お肌のハリ・ツヤ・透明感がアップして毛穴が目立ちにくくなります。
簡単に言えば見た目にもはっきり!肌がみるみ健康を取り戻し「イキイキ!」してくるんですね。
「皮膚科学」に基づいた「正しいメイク落とし方法」を是非体験して下さい。

化粧品のリスク及び安全性の判断基準
スキンケアの鉄則

このページのトップへ

血色の悪い肌に

特に寒い冬は血色が悪くなるので顔が暗く沈みがちです。
血色が悪いく顔が青白い方はピンク 系のチークを頬のうえに大きめのチークブラシで
「ふわっ」のせると若々しく健康そうに見えますよ。

ちなみに私チカのベースカラーはブルーなのでチークにはピンク系のチークを使用しています。
皆さん!もし塗りすぎたときには、上から粉おしろいかファンデーションを薄く塗って色味を押さえると良いですよ。

ゼノアのメイクアップカラーはもちろん安全な天然色素でつくられているので、口紅などに少量混ぜて自分色を演出することもできます。 これも安全な成分でつくられたゼノアならではの特徴なのですね。

冬でもステキな唇を・・・
「眉毛」の描き方

このページのトップへ

酸性リンス

石鹸シャンプーの後は必ずリンスが必要なんですか?
というご質問をいただきました。
絶対に「しなければならない」、というものではないですが、石けんシャンプーで洗髪後はアルカリ性である石けんを中和するために酸性リンスを使用することが良いでしょう。
酸性リンスの目的はアルカリ性の石けんシャンプーで毛髪や頭皮の汚れを洗った後、酸性で中和しひらいたキューティクルをもとに戻し、頭皮や毛髪を健康にすることです。
更に酸性リンスは石けんシャンプーでの洗髪後、毛髪に皮膜となって残る金属石けん(石けんカス)を除去する働きもあります。
石けんシャンプーでアルカリ性に傾いた頭皮(お肌)でも、健康な頭皮(お肌)の方は再び弱酸性に戻す「中和機能」が備わっているので髪の毛の短い男性や髪の毛自体が痛んでいない子供さんなど酸性リンスを使わない方もいらっしゃいます。
髪の毛の長い女性は洗面器にはったお湯の中に酸性リンスを入れて髪全体にリンスをゆきわたらせるとよいですよ

ゼノアヘアケア商品について

このページのトップへ