美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

リラツクス

寒くなってくると身体が強張り血行が滞るので、バスタイムは一日の疲れをとるのに大切な時間です。
皆さんは入浴剤を使用しますか (´σ `)?
私は入浴剤は使用しないようにしています。

スーパーやドラッグストアで販売されている入浴剤のほとんどは、合成界面活性剤・合成香料・合成色素などの化学物質で作られています。
合成界面活性剤は皮膚の皮脂膜となじみ、皮脂膜の脂分を水の中に引っ張り出す性質があるのです。
食器についた油分を洗い流すように、皮膚表面にある脂の膜を洗い流してしまうのです。

乾燥した皮膚は脂を失い乾燥し、それがひどくなると皮膚障害、肌荒れ、ひび割れをおこしてしまいます。
このように荒れた皮膚の傷んだ部分から合成界面活性剤が体内へと入り、皮下組織を破壊し血管を破壊し血液へと侵入するのです。

合成界面活性剤は 細胞の中にあるDNAをも溶かしてしまうとても怖い成分なのです。
昨今は色々な入浴剤をドラッグストアーなどで見かけるようになりました。
合成界面活性剤を使用した入浴剤をいれたお風呂に毎日入ることは、皮膚にとってどうなのでしょうか・・・
一時的に皮膚が潤ったように感じられていても、結果的に乾燥肌になっていてはどうしようもないですよね

くつろぎのバスタイム、お風呂大好きな私としては入浴剤も気を配るようにしています。

敏感な愛犬の肌を守る石けんシャンプー
柿の葉のお茶

このページのトップへ

敏感な愛犬の肌を守る石けんシャンプー

シャンプーで清潔にするのが愛犬のためと思って、月に何度も洗っていませんか?
「私は月一回しか洗っていないから洗い過ぎてはいないわ!」
とおっしゃる方多いと思います。
実は専門家から言わせると月一回のシャンプーは洗い過ぎに入るそうです。
私たち人間と同様、愛犬も皮膚から出る脂が全身のバリアとなってバイ菌などの外敵から大切な皮膚を守っています。
この大切なバリア機能をシャンプーで洗い流してしまうと肌が乾燥するだけでなく、外敵から身を守れなくなってしまうのです。
うぅ~ん!ッ私たち人間とまさに同じですね。
同じと言うことは、人間同様皮脂を取り過ぎずバリア機能を損なわないシャンプー
つまり「石鹸シャンプー」が愛犬にも好ましいシャンプーとなります。
私の知り合いも愛犬のトリミングには石けんシャンプーを使用しているペットショップに連れて行っています。
ここで石けんシュアンプーを使用することは、店長さんのこだわりでもあるそうです。
その店長さんがおっしゃるには「人間同様、ペット達のシャンプーには合成界面活性剤などの化学物質が使用されているものが殆どです。動物は臭いに敏感なので、そのようなシャンプーで洗うとペットには負担になり、合成界面活性剤が入っていることで皮膚にもよくありません」
と説明をされたそうです。
その点、石けんシャンプーを使用し続けると毛のつやがよくなり、かぶれも改善されてくるので安心して使い続けられるとのことだそうです。
なので私の知り合いの愛犬もここ三年間、ず~っと石けんシャンプーで洗ってあげているみたいです。
毛並みはフサフサでしたよ。
でも、愛犬に皮膚疾患がある時は獣医師に相談してくださいね。 ペットにも安心して使える石けんシャンプー、ペットの皮膚や毛並みに不安を感じたら使ってみてはいかがでしょうか お勧めですよ。
senpatsusekken120s[1].jpg
ダメージを受けた頭皮ケア
化粧品のリスク及び安全性の判断基準

このページのトップへ

冬でもステキな唇を・・・

最近、唇の乾燥がひどくなってきてしまった・・・などというお話を近頃よく聞きます。
空気が乾燥する冬・・・トラブルが増えるパーツといえば、「唇」です。
唇は女性の魅力を引き出すパーツの一つです。
しっとりとした潤いのある唇は女性としてとても魅力的です。
でもその反対に唇が乾燥してガサガサで荒れていては、いくらお化粧でお顔を綺麗にしてもその魅力も台無しになってしまいます。
唇は皮膚ではなく粘膜なので、皮脂腺・汗腺もなく、乾燥しやすいデリケートな部分なのです。カサつきや皮むけだけではなく、きちんと口紅のクレンジングをしていないと色素沈着を起こしてしまいます。
唇は、血流の悪さによるくすみなども出やすいデリケートな部分なので、リップクリームでの保湿も大切ですが、唇も肌の一部です!
基本のお手入れをきちんとしましょう。
ノーメイクになると、唇が血の気のない褐色に変色しいる方をよく見かけます。
タール色素が毎日のお化粧で微量に浸透して、退色(色が褪せて変色)しているのが唇の表面から透けて見えている訳ですね。
いつもキレイな唇でいられるように、出来ればタール色素や浸透性の強い合成界面活性剤(粘膜に有害な成分)を含まない口紅を選んでいいただく事をお奨めします。
唇の荒れ、ひび割れ、乾燥などでお困りの方、ガサガサ唇の救世主として「ゼノアリップクリーム」をお奨めいたします。

乾燥しやすい今こそ、お肌に為にマッサージ!取り入れてみましょう。
乾燥は顔だけではありません

このページのトップへ