角質層を守りましょう

肌が比較的丈夫な私でも今の季節の冷たい風邪はお肌に堪えるときがあります。
敏感肌の方ならなおさら肌への刺激を感じやすく悩みの原因になられているのではないでしょうか

お肌は表面から「表皮」と「真皮」「皮下組織」という3つの層からなり、「表皮」は更に角質層→顆粒層→有棘層→基底層に分かれています。
まるでバームクーヘンのようですね。

表皮の細胞は、基底層で細胞分裂によって生まれ、そして有棘層と顆粒層を経て角質層まで達して垢となって落ちるのです。

いわゆる「お肌の一生」=「新陳代謝」なのですね。

私達が見ているお肌とは、いわゆる「角質層」の部分です。

「美肌は角質層の状態で決まる」
といっても良いぐらい、美容上とても重要な部分なのですね。

敏感肌の方はこの角質層がいつも未完全な状態と薄い角質層が人の体を守り、美容上も美しさや健やかさを維持しています。

人の体、細胞には再生能力がありますから、角質層が剥ぎ取られても、その補修のために、次々と新しい細胞がつくられ、表皮細胞が急速に作られます。でも、急いでつくられた角質層は、じゅうぶんな時間をかけて丈夫につくられた角質層とちがってもろいものです。

皆さん、健康なお肌は急ぎすぎるケアでは生まれませんよ。

肌を乾燥から防ぐ為の工夫
洗いすぎていませんか!

テーマ : スキンケア&コスメ - ジャンル : ファッション・ブランド

口紅をつける前に

唇は女性の魅力を引き出す部分です。
しっとりと潤いのある唇は女性としてとても魅力的ですよね

ちなにみ現在の私の唇はお手入れ不足で悲しいほどガサガサです

唇は皮膚ではなく粘膜なので、皮脂腺・汗腺もなく、乾燥しやすいデリケートな部分です。
カサつきや皮むけだけではなく、きちんと口紅のクレンジングをしていないと色素沈着を起こしてしまいます。
唇は、血流の悪さによるくすみなども出やすいデリケートな部分なので、リップクリームでの保湿も大切ですが、唇も肌の一部です!
たまにはマッサージなどをしてお手入れをして労わってあげましょう。

特に女性の方に多いのですがノーメイクになると唇が血の気のない褐色に変色しいる方をよく見かけます。
原因の一つとしてタール色素が毎日のお化粧で微量に浸透して、退色(色が褪せて変色)しているのが唇の表面から透けて見えている訳ですね。
いつもキレイな唇でいられるように、出来ればタール色素や浸透性の強い合成界面活性剤(粘膜に有害な成分)を含まない口紅を選んでいいただく事をお奨めします。
唇の荒れ、ひび割れ、乾燥などでお困りの方、ガサガサ唇の救世主として
ゼノアのリップクリーム
をお奨めいたします。

口紅の下地にもお使い下さい

唇の縦シワ
美容書籍

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : 合成界面活性剤

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます♪

明けましておめでとうございます (○´∀`)ノ゙★
旧年中は、格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

長い間お休みをいただきまして申し訳ございませんでした。
本日より、営業を開始させていただきます。

みなさん、どんなお正月を過ごされましたか?
私は美味しいおせちを沢山食べて、比較的のんびりと過ごすことができました。
そのせいか、少し太っちゃいました・・・

なので取り合えず新年早々の目標はダイエットに決定です。
頑張りまぁ~す♪
皆さん今年もどうぞ宜しくお願い致します (●*'v`*人)

テーマ : あけましておめでとう - ジャンル : その他