「眉毛」の描き方

女性で眉が薄いことは深刻な悩みの一つです。
眉毛があるか無いかで、お顔の印象が違ってきてしまいます。
特にお肌がとても敏感で弱い方などは、アイブロウの成分にも反応してしまうなどということがあるようです。
以前私が美顔をさせていただいたお客様で、若い時にペンシルタイプのアイブロウを使用していたところ、眉毛がなくなってしまった・・・とのお話をされた方がいらっしゃいました。
調べたところ、アイブロウに含まれる合成界面活性剤を長年使用した事によるトラブルらしいということが分かりました。
毛根を傷めてしまうのですね。
眉は顔で目立つ部分です、やはり良い物・成分が安心な物を使わないと眉毛が生えてこなくなったりすることがあるらしいので、成分を確かめてみましょう。
皆さんアイブロウの色は何を基準に選んでいますか?
アイブロウは、髪の毛の色に合わせて選ぶのがポイントです。

1. まず眉山を決めます。
  (白目の終わりよりやや内側)

2.眉尻の位置を決めます。
  眉尻の位置は小鼻と目尻をつないだ延長線上ぐらいまでの長さにすると、バランスがよく見えると思います。

3.眉山から眉尻までを描いて見ましょう。

4.眉頭を決めます。
  (眉頭の位置は小鼻の延長線上。)

5.眉山から眉頭にかけて描いてみましょう。
(眉山から眉頭にかけて描くことで眉のイメージの変化を確認しながら描くことができるため、失敗しにくくなるのです。)
   (眉頭を濃く書きすぎるとキツイ印象になってしまうので注意してくださいね)

両方書けたら、大きな鏡で見て、左右のバランスをチェックしてみてくださいね。
簡単なので皆さん試してみてください。

ファンデーションの役割について考えて考えてみましょう
唇に優しい処方のリップグロス

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット