美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

シャンプーや洗顔フォームの「植物」の表示本当ですか

現代、ドラックストアーなどで販売されているシャンプーや洗顔フォームの表示には
必ずと言ってよいほど「植物性」「100%純植物性洗顔料」といった文字が書かれています。

このように「植物」の文字が書かれていると、何も知らない私たちに与えるイメージとしては「安心で肌にやさしい」といったものになります。
石油系合成界面活性剤は肌に悪いと避けていても、植物油脂を化学合成して簡単に合成界面活性剤につくりかえられることは知らない方が多くいらっしゃいます。

「植物性」というと自然を連想させる言葉で、環境を破壊しない、安全ですよ!
という言葉でなければいけないはずです。

いくら原料に自然界の植物性油脂を用いたとしても、化学反応で作った合成界面活性剤を自然であるかのように謳っているのはどうかと思いますね。
原料が植物であっても、弱酸性であっても、合成洗剤は自然界(人間の体を含む)にとって負担の大きいものです

植物性の洗顔料で顔が突っ張らないのは、合成界面活性剤が皮膚に留まるため肌がつっぱらないのです。
それは、合成界面活性剤は化粧品を作る際に乳化剤として使われるだけでなく、洗浄剤・保湿剤・紫外線分散剤などとしても利用できるからなのです。

石油由来だろうが天然(植物)由来だろうが合成界面活性剤であることには変わりはないのです。
長年使用し続ければ肌のバリアはいつかきっと壊れてしまいトラブルがおきてしまいます。

そのいつかが明日にならないように、化粧品の選択はキャッチフレーズの表示のみに影響されるのではなく、成分表示を見て選ぶことも大切ですね。

リーゼントに最適な「ポマード」
血行と抜け毛の関係

このページのトップへ

リーゼントに最適な「ポマード」

時代とともに移り変わるへアースタイルは、男性よりも女性の方が変貌が著しいと思われがちですが、
現代では男性も女性に負けず劣らずお洒落になってきているように思われます。

何かの雑誌で見ましたが、昭和30年代の男性は
主にポマードやチックなどでヘアースタイルバッチリ決めていたみたいですね。

あのロカビリーなヘアースタイル・・リーゼントはポマードやチックなしではなしえないヘアースタイルだったのでしょう。
矢沢永吉・浜田省吾などのヘアースタイルにあこがれてポマードをお探しの方!

ぜひゼノアのポマードを試してみてください。

髪を痛ませない昔ながらのこだわりのある製法のポマードです。
お試しあれ・・・

頭皮の乾燥
肌の「バリア機能」の大切さについて考えてみよう
pomade[1]

このページのトップへ

2012年明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本日より新年の営業を開始いたしました。
本年も「美肌日記」をよろしくお願い申し上げます。
皆さん!お正月中お肌の調子はいかがでしたでしょうか
私は不規則と暴飲暴食がたたり、悲しいことにお肌は今一つ調子が良くありません
胃もお疲れ気味です。
これからは心を引き締めて快眠・快食・快便の三種の仁義を守り美肌生活にトライしていきたいと思っております。
今年も気張らず、気負わず、楽しく美肌日記のブログを書いていきたいと思います。
皆様今年もどうぞ宜しくおねがいしま~す。

このページのトップへ