美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

化粧品の刺激全部が肌によくないの???

化粧水を使った後肌が「ピリッ!」と刺激を感じたら、貴女は自分にその化粧水は刺激が強すぎるから肌に合わないと思う方ですか?殆どの方は化粧品に対して

「刺激=肌によくない!」

と言ったイメージをいだいているので、店頭に並んでいる化粧品には無刺激を謳っているものが多くなっているようです。
それだけ、少しの刺激にも耐えられない弱い肌の女性が多いってことですよね。

健康なお肌なら問題のない刺激(化粧品、石けん、季節の変化、紫外線など)に過敏に反応を起こしてしまうのは、長い間自分自身でそのような肌にしてしまったのではないのでしょうか(遺伝の場合は除きます)。

化粧品を無刺激にした所で、皮膚に何の作用があるでしょうか?
本来皮膚は脂の酸化を利用して肌を丈夫にしているのです。酸化ですから皮膚にとって多少刺激があります。
刺激がない鉱物油や合成樹脂ではそんなことはできません。

これって良い化粧品なのでしょうか・・・・?

「香料」が入っているとアレルギーを起こしたりシミの原因になると思って嫌がる方がよくいらっしゃいますが、特にクリームなどに天然の油脂を原料を使用した場合、天然の油脂って当然腐りますよね!

「香料」は油脂の発する独特の臭いを緩和し使いやすくするために、そして腐りやすい油脂の防腐剤としての役割もあるのです。「刺激」という文字はなんとなく危険をイメージさせます。でも気持ちのよい指圧やマッサージも刺激なのです。

「刺激成分」を全面的に拒絶するのではなく、成分の用途を良く理解して肌の新陳代謝の為に配合されている成分であれば受け入れ、皮膚の環境を崩さない成分で構成された化粧品を選ぶ事が大切なのではないでしょうか。

夏です!目元にもアクセントを!!
弱酸性の化粧水の目的

このページのトップへ

夏です!目元にもアクセントを!!

みなさん、そろそろ夏本番ですねー

こう暑いと髪の毛をバッサリ切ったり、普段おろしていた髪をまとめたりとイメージチェンジをする方も多いですよね。
洋服や髪の毛などを、色々なバリエーションで変化を楽しめるのも女性の特権といえます。

洋服や髪を夏らしくまとめたら、最後はアイメイクで目元の存在感をひきだしてみてはいかがでしょう
まずはゼノアのアクセントカラーのひと刷毛で、メリハリフェイスが思いのまま!

アクセントカラーは顔の中で高く見せたい部分に「さ~っ」とひと刷毛するだけで、いつもと一味違った立体感あふれる表情の仕上がりになります。

見たままの透明感あふれるカラーがなめらかにフィットし、いつまでもメリハリフェイスをキープします。
光の乱反射で色むら、シミ、くすみを自然にカバーをしてくれます。使用する際のポイントとして、大きなハケを使うとより自然に仕上がるのでお奨めです。

透明感冴え渡るアクセントカラー/スノーホワイト、そして適度なキラめきで目元をぐっと華やかに!アクセントカラー/ネープルスイエローネープルスイエローはハイライトにもベースにも使えるので、肌の色や使う場所・仕上がりのイメージに合わせて

自由に色味と質感を調節してみてください

「若さ」を保つということ。
ファンデーションの色選のポイントは?

このページのトップへ

「無添加の化粧品」

「無添加の化粧品」と聞くと、なんだかとてもお肌によさそう気がしますよね。
「無添加」という言葉を食品に当てはめてみると、「無添加食品」とは食材を加工したり一定期間保存可能にしたりするときに使う調味料・保存料・着色料 などが入っていない食品のことで、これらについては皆さんが日々気をつけて選んでいらっしゃると思います。
では、化粧品で無添加 とはどういうことだと思いますか。
皆さん、「無添加化粧品」と聞くと、いかにも安全で刺激が無く肌にも良さそうと思いがちです。
しかし、本当のところは皆さんが思っているような「化学物質を使っていない、何も添加されていない」という意味ではないのです。
無添加とは過去に厚生労働省が指定した「(102種)指定成分」を使っていないという事で、裏を返すと
厚生労働省が有害と指定していない成分であれば、化学合成された成分を使っていても無添加と言うことにもなりえますよね!
化粧品の上での無添加とは、「このお化粧品にはそれ(過去に厚生労働省が指定した「(102種)指定成分」)が入っていないですよ!」といっているだけで、化粧品の原材料自体は「ポリマー樹脂」だったりするのが現状です。
ポリマー樹脂とは、簡単に説明をするとサランラップや赤ちゃんの紙おむつなどに使われている原料で、皮膜力にすぐれているため肌に「ぴたっ!」と密着し、皮膚呼吸まで妨げる可能性があります。
落ちにくいのが特徴で、その為あらゆる化粧品に使われていますが、それを落とすために使われるメイク落としや洗顔フォームなどは洗浄力が強く、肌のバリアを壊し乾燥肌やトラブル肌になってしまった方も多くいらっしゃいます。
樹脂は腐りもしませんし、酸化もしませんので「無添加・防腐剤なし」でいわゆる無添加化粧品作ることが出来るのです。
使い心地の良い柔らかくてベタつかないクリーム(無添加クリーム)を選んでしまって肌環境を壊してしまい、結果的にトラブル肌になってしまった・・・
という話しも聞きます。
本来肌の仕組みは、皮脂が水分の蒸発を防いでいるから潤いのある肌を保つことができるのです。
私達女性は化粧品を選ぶ際に見た目や付け心地を重視してしまいがちですが、いつまでも健康で潤いのある素肌を保つためには皮脂の役割の大切さを考えて、自然の皮脂に近づけたお肌の健康を守るクリーム(皮脂の代用品としてのクリーム)を選ぶ必要があります。
化粧品はイメージで選ばないで、どのような成分が含まれているのかを一つ一つ自分自身の目でしっかりとチェックする必要があると思います。

肌の「バリア機能」の大切さについて考えてみよう
「若さ」を保つということ。

このページのトップへ