肌の「バリア機能」の大切さについて考えてみよう

紫外線の強さが増してきて、お肌の弱い方には特に気を付けていただきたい季節です。
夏はどの女性雑誌にも、紫外線の影響についてピックアップしている美容記事を多く目にします。

しかし、肌を老化させる原因は紫外線だけなのでしょうか???
確かに紫外線は、浴びすぎてしまうと 身体に悪影響を及ぼすとされていることも事実です。
ですが私は、紫外線のみが与えるお肌へのダメージより、現在使用している化粧品によってお肌のバリアが弱くなっていて、その影響で紫外線に対してダメージを受けやすくなっていると思うのですが、皆さんはそのように考えた事はないですか。

肌には人それぞれに持って生まれた肌質があり、もともと肌が「丈夫な人」「弱い人」がいます。
そして、これまでのスキンケアの方法の違いなども加わり今の肌の状態になっているのです。

現在の肌の状態に満足されている女性はすくないのではないでしょうか
満足されている方は肌の油分・水分ともバランスが整い、肌トラブルに見舞われにくいといえます。

いわゆるバリア機能がきちんと備わっている肌と言うことです。
では、肌のバリア機能がちゃんと備わっている人とそうでない人との違いは一体どこにあると思いますか。

それはやはり、毎日のスキンケアの第一歩である洗顔で肌を傷めているかそうでないかですね。
傷めると言っても血が出るほど傷めるというわけではなく、皮脂膜を洗い流してしまっている肌と言うことです。

女性は朝の洗顔後、毎日お顔に色々と重ねて付けていきます。
少なくともローション・クリーム・メイク
人によってはもっと塗る方もいるのではないでしょうか・・・

その重ねたものを一日中肌にくっつけておいて、夜の洗顔でそれをリセットします。
一番大切なことは、一日中顔にくっつけておいたメイクの汚れや皮脂汚れなどを何で落すかです。
そこが、バリア機能がちゃんと保たれるか否かの分かれ道になるのですね。

バリア機能とは肌にもともと備わっている働きで、化粧品を含め外界からの刺激をブロックする機能のことです。
本来化粧品の役割は「肌を健やかに保つ」をサポートする製品でなくてはならない。

しかし現代の化粧品は、合成界面活性剤を何種類も使って肌のバリアを壊し、うるおい成分などを浸透させシットリ感を持続させる製品が多く見られます。

一時的にしっとりモチモチ感は得られても、バリアを壊してこそ得られたしっとりモチモチ感であると言うことは忘れてはいけませんね。バリア機能が損なわれれば、肌は必ず何らかのダメージを受けやすくなります。 ダメージを受けた肌はだんだん弱っていきます。

弱っている肌に紫外線が当たり、さらにトラブル肌へと傾いてしまう恐れもあります。 化粧品はプラスするばかりの製品を選ぶのではなく、バリア機能を「守り」「整え」「保つ」製品をえらぶことをお奨めします。

皆さん、化粧品依存症にならないように気をつけてくださいね。

「若さ」を保つということ。
常在菌を増やして美肌になろう

テーマ : ヘアケア&スキンケア&コスメ情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : バリア機能

「若さ」を保つということ。

私たち女性にとって「若さ」を保つことは大きな課題のひとつです。
あるアンケートの結果から「見た目に満足している」と答えた人は少なく、多くの女性は見た目の年齢に不満のようです。

「加齢」というのは避けて通れないとしても、やはり女性は実年齢よりも少しでも若くみられるのは嬉しいものです。年齢(歳)は一年一年必ずとっていくものです。
しかし、同じ年齢でも肌年齢は自分次第でゆっくり年齢を重ねることができるのです。

ではゆっくり肌年齢を重ねられるとしたら、どのような事に気をつけたらよいのでしょうか・・・

毎日行うスキンケアをチョッと気をつけることも一つです。
実際のところ、お肌の生理機能に準じた化粧品を使用している人とそうでない人では、肌年齢が実年齢よりも若く見えるのも事実なのです。日頃から紫外線を受けないように気をつけることも大切です。その他、食生活の乱れやライフスタイル(喫煙等)なども原因の一つと言えます。

これから益々日差しが強くなって来る季節です。
日焼け(紫外線の被害)は肌の老化を促進させてしまい、後年になってからシミやそばかす、肌のたるみなどの原因となって現れる厄介なものなのです。

紫外線は日やけやシミ、シワなどの原因になるだけでなく、角質層から水分をうばいお肌を乾燥させてしまうのです。
お肌は一度は激しく傷めてしまうと、健康な肌を取り戻すのは意外に大変なことです。

現代では、美容整形外科に行けばシワを消したりなど何でも出来る時代です。でも、それは医療行為によって一時的に若返っただけに過ぎません。一生と言うわけではなく、時間が経てば元に戻るというようなものが多いと言われています。

普段からの何気ないスキンケアで、気をつけられるところから意識的に気をつけていく事で若さを保つことが出来るのであれば、それが一番の最善策ではないのではないでしょうか。肌年齢と実年齢は必ずしも比例しない。

だからこそしっかりケアをしていきたいと思います。

肘や膝・カカトのお手入れ怠っていませんか?
汗や水に流れないメイクの肌への負担は?

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肘や膝・カカトのお手入れ怠っていませんか?

肌の露出する機会が多くなる季節です。
肘や膝・カカト
お手入してますか?
以外とお怠りがちなのが肘や膝・カカトのケアです。
肘・ひざ・カカトは年齢と共に角質がかたくなり、黒ずんで厚くなります。
慌てて夏直前にケアしても、黒ずみはすぐに落とせません。
特に夏の間は肘や ひざ、カカトが目に付きやすくなるので、お手入れを忘れずに。

それでは肘・ひざ・カカトには、日々どのようなケアをしたらよいでしょうか
ゼノアではかたくなった肘・ひざ・カカトのケアとしてパック粉をお薦めしております。
まず、肘・ひざはかたくしぼったタオルにパック粉をつけてこすります。
足のカカトは軽石を少ししめられパック粉をつけてこすります(余り強くこすりすぎないように注意しましょう)。
ここがポイントですよ
最後に角質をやわらかくするタンノロイドをつけた上にビューティーシールドで保護膜を作っておくと、ツルツルのカカトを保つことが出来ますよ

汗や水に流れないメイクの肌への負担は?
弱酸性の化粧水の目的

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体