美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

唇の構造

特に冬になると毎日唇が荒れて皮がむけて、 本当に困っている方多いですよね。 唇って、人の注目を集めやすい場所だけに、 荒れてると 痛いし、 見た目も良くないし、 本当にイヤになっちゃいますよね!

唇の荒れがひどいけど、リップクリームをいくら使っても治らない・・・なんて困っている方も多いはず!
リップクリームも色々な成分が入っている為に合わ ない体質の人もいるんですね。そんな時には、きちんとした薬で治療するのが一番です。
唇が荒れているからと言ってむやみにリップを塗るのではなく、少し唇の構造を知ることも荒れの対処法になるのではないでしょうか。

そもそも唇の角質層は、肌の角質層の3分の1程度しかないと言われています。 極端に言えば、ほぼ粘膜状態です。
唇には毛穴がなく、汗の出る穴もほとんどないので乾燥しやすくバリア機能がかなり低い部分です。

なので気を付けてあげないとカサつきや皮むけだけではなく、きちんと口紅のクレンジングをしていないと色素沈着を起こしてしまうデリケートな部分なのです。

たまにはマッサージなどのお手入れをして労わってあげましょう。

ゼノアのリップクリームは唇に やさしい成分の構成で唇の荒れ、ひび割れ、乾燥などでお困りの方に是日使っていただきたい商品です。ガサガサ唇の救世主としてゼノアのリップクリームをお奨めいたします。

 口紅の下地に使用すれば 唇を保護して乾燥を防ぎながら、オシャレ も楽しめるリップクリームです。

皮脂の役割
見られています!首の「シワ」

ゼノア化粧料本舗の商品は ゼノア化粧品通販 e-genoa shop緑 からご購入下さい。

このページのトップへ

寝る前のリップケアのお話し

唇は皮膚ではなく粘膜なので、皮脂腺・汗腺もなく、乾燥しやすいデリケートな部分です。

唇が荒れていない普段からリップクリームで保湿ケアしておくことが大切ですが、リップクリームにも種類が色々あります。夜寝る前には、日中に塗る日焼け止め効果のリップや、ガザガザしているからと言って保湿たっぷり系のリップクリームはNGです!

その理由は、過剰な保湿によって逆にトラブルを招く場合があったり、皮膚の再生機能を妨げるおそれもあるからです。

夜のリップケアは、シンプルに保湿のみ!

水分の蒸発を防いで、潤いを保つ事だけを目的とした商品を選びましょう。

低刺激で保湿効果の高い不純物ナシの白色ワセリン、もしくはそれに近い保護性の高いリップクリームを塗るなどが良いでしょう。

ワセリンは余計な成分が入っておらず低刺激でもあるので、唇を保護し水分の蒸発を防ぎ結果として保湿できるのでおすすめです。

寝ている時は一番新陳代謝が活発な時。

当然角質層を作る働きも活発なので、そのときにしっかりとケアをしておくことで角質層を作る働きを助けることができるのです。

寝る前にワセリンを付けて塗れば、朝にはカサカサは落ち着いています。2~3日でカサつきが気にならないくらいにまでなりますよ。

【化粧品の成分】
ベビーソープ

このページのトップへ

化粧下地って必要?

皆さん!
メイクをする前にちゃんと下地クリームを使っていますか?

今や化粧下地にも目的はさまざまで、各メーカーいろいろな下地クリームを出しています。 ビックリすることに、パウダーファンデで乾燥が気になる方用にと美容液に下地効果を取り入れたというような下地もあるとか・・・

普通皆さんが一般的に下地クリームを使う理由として、ファンデとの密着をよくするためや肌のくすみを隠したりでこぼこをととのえたりする役目で使われる方もいらっしゃるみたいですが、もっと重要な理由がこの下地クリームを使う理由としてあるのです。

と言うことで、今回はメイクをする前の「下地クリームの大切さ」についてご説明をさせていただきます。

下地クリームの役割は、単に化粧ののりを良くするだけではありません。
ファンデーションをはじめとする多くの化粧品には、本来肌にとっては良くない物もたくさん含まれているので、それらの害から肌を守る役割を果たしているのです。 いくら軽いメイク(パウダーファンデーション・粉おしろい)だけであっても下地は必要です。

ではいったいどんな下地クリームがお肌に良いのでしょう・・・

お肌の健康を保持する為に使う基礎クリームは、合成界面活性剤が極力少なく脂分の多いクリームを選ぶと良いでしょう。
 しかも脂分の多いクリームは、ベトツキがあっても皮脂の代用として皮膚の潤いを保持しくれているのです。

化粧下地は肌の凸凹をなくしファンデーションのノリを良くするだけでなく、肌を守るきちんとした意味があり、皮膚の健康には欠かせないものなのです!

tannoloid120s[1]

肌老化を促進してしまう「活性酸素」
広告にだまされない!化粧品選び

このページのトップへ

レチノール配合のクリーム

きれいに咲いていた事務所前の桜並木の桜も、風に吹かれて散ってしまってなんだか寂しい気もします。

それでも春は気候も良く昼間はポカポカ暖かくて嬉しい限りです。

皆さんこんにちはお元気ですか?

春は体調を崩しやすい季節ですが、お肌も花粉が風に乗って飛び交うので調子の悪い方もいらっしゃいますね。

このような季節こそ、お肌のバリア機能が正常に働いているかどうがが判ってしまいますねお肌の調子が悪いように思っている方・・・もしかしたらお肌のバリア機能が崩れているかもしれません!

スキンケアをいつもより少しだけ丁寧にやってみて下さい。

ちなみに、ゼノア化粧品はメイク落としのコールドクリームを除いたすべてのクリームにレチノールが配合されているのが特徴です。 

「レチノール???」

よくシミやシワ・たるみなど、「老化」全般に効果がある…

と最近話題の有効成分です。

CMや雑誌などでご存知の方も多いと思いますが、レチノールとはビタミンAの一種で肌の新陳代謝を高めて肌にうるおいを与る作用があるとして多くの化粧品類に利用されています。

「健康な肌=肌の新陳代謝がスムーズに行われる肌」 のために欠かせない成分として、ゼノア化粧品のクリーム類にもビタミンA油として高単位含まれています。

使い続けることにより皮膚の角化作用を正常にします。 きれいに咲いていた事務所前の桜並木の桜も、風に吹かれて散ってしまってなんだか寂しい気もします。

それでも春は気候も良く昼間はポカポカ暖かくて嬉しい限りです。

皆さんこんにちはお元気ですか?

春は体調を崩しやすい季節ですが、お肌も花粉が風に乗って飛び交うので調子の悪い方もいらっしゃいますね。

このような季節こそ、お肌のバリア機能が正常に働いているかどうがが判ってしまいますねお肌の調子が悪いように思っている方・・・もしかしたらお肌のバリア機能が崩れているかもしれません!

スキンケアをいつもより少しだけ丁寧にやってみて下さい。

ちなみに、ゼノア化粧品はメイク落としのコールドクリームを除いたすべてのクリームにレチノールが配合されているのが特徴です。 

「レチノール???」

よくシミやシワ・たるみなど、「老化」全般に効果がある…

と最近話題の有効成分です。

CMや雑誌などでご存知の方も多いと思いますが、レチノールとはビタミンAの一種で肌の新陳代謝を高めて肌にうるおいを与る作用があるとして多くの化粧品類に利用されています。

「健康な肌=肌の新陳代謝がスムーズに行われる肌」 のために欠かせない成分として、ゼノア化粧品のクリーム類にもビタミンA油として高単位含まれています。

使い続けることにより皮膚の角化作用を正常にします。 レチノール配合のゼノアのクリームは角質層の奥に微量に浸透してうるおいを与え、健やかな肌に導いてくれます。

この季節、ゼノアの基礎クリームでお肌のバリア対策をしてあげてくださいね。
のゼノアのクリームは角質層の奥に微量に浸透してうるおいを与え、健やかな肌に導いてくれます。

この季節、ゼノアの基礎クリームでお肌のバリア対策をしてあげてくださいね。

「あご」や「フェイスライン」のニキビ
「春」肌ケア

◎ 商品のご購入はこちらへ

このページのトップへ

肌の環境を考えた商品

一昔前の化粧品は油分を中心としたクリームが多く見られました。

近年では「油は日光にあたると酸化して、その酸化した油がシミなどの元になる」
ということから油分を主体とする化粧品があまりすがたが見られなくなりました。

そのかわりにノンオイルをうたった化粧品がとても流行っているように思われます。

そして最近の化粧水や乳液の成分は合成ポリマー・合成界面活性剤・植物エキス!
この3つの成分が多く使われ健康な素肌を保つということにはならないと思われて仕方ないのですが・・・
皆さんはどうおもわれますでしょうか?

このような化粧品はサラッとし手触り・肌触りともよいので私たち女性には喜ばれる化粧品ですが、皮脂が肌バリアの一つとなっている肌の環境は悪化し、バリアが崩れ弱肌・乾燥肌になる原因の一つになるのです。

健康で丈夫な肌を保つためには肌の環境を考えた商品をおすすめいたします。
tannoloid120s[1]
不足しがちな皮脂の代用となる基礎クリーム

このページのトップへ