FC2ブログ
お肌のケアについて
皆さん、お肌のケアはどうされていますか ? との質問に
しわには・・・??? 美容液や???クリーム

朝起きたら・・・クリーム、乾燥したら・・・クリーム

寝る前には ххххх と ▲▲▲▲ をして・・・

などと言う声をよく聞きますが、意外とお肌のお手入れは面倒で、近頃はいろいろな機能をうたった化粧品が沢山あり、 いったいどの化粧品が自分の肌に合うのかと、化粧品選びに悩まれる女性は少なくはないと思います。

でも、少し考えてみて下さい。

日々の美肌づくりとして、お肌のために良いと思う化粧品を買ってはみたものの ・・・いくつかの化粧品を変えた経験はありませんか?
1年間を通して同じ化粧品を使っている女性は多くはいないと思います。
そこでゼノアスタッフから 一言お伝えしたいことがあります。

お肌(皮膚)は吸収器官でなく、汗や皮脂の排泄器官であるということです。
肌は浸透はしますが吸収はしません

ですから、もし化粧品でお肌(皮膚)の中に栄養素をいれるとしたら、動物(人間)自らに備わっている
皮膚のバリアを壊さなければなりません。

バリアは皮膚から何も入らないように守っているガード機能で、この機能があるからこそ私たちは海に入っても海水が体の中に入らないし、安心してお風呂に入ることが出来るのです。

バリアを壊して肌に栄養素を入れるなんてとんでもありません、逆に本来備わっている肌水分を外に出してしまうこと=乾燥肌につながったり、お肌に負担をかける成分がお肌の中に入り、シミの原因にもつながるのです。


本来輝くような素肌をしているはずの若者の肌の老化は、間違った化粧品選びにあると言っても過言ではないでしょう。本来あるべき化粧品の役割と言える皮膚の環境を守り壊さない化粧品を使用すれば、歳を重ねてもきれいで健康な素肌美を保つことは可能だと思っております。

メラニン
「皮脂」は天然の高級クリ―ムです

テーマ : スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌のバリア機能がちゃんと備わっている人とそうでない人との違い
毎日コツコツがモチ肌の第一歩!
モチ肌を維持するには、正しいスキンケアにあります。

しかし、意外にも正しく行えていると自信をもって言える方は少ないのではないでしょうか?
スキンケアの第一歩である洗顔で肌を傷めている方は少なくははありません。

傷めると言っても血が出るほど傷めるというわけではなく、皮脂膜を洗い流してしまっている肌と言うことです。

女性は朝の洗顔後、毎日お顔に色々と重ねて付けていきます。
少なくともローション・クリーム・メイク 人によってはもっと塗る方もいるのではないでしょうか・・・

その重ねたものを一日中肌にくっつけておいて、夜の洗顔でそれをリセットします。 一番大切なことは、一日中顔にくっつけておいたメイクの汚れや皮脂汚れなどを何で落すかです。
そこが、バリア機能がちゃんと保たれるか否かの分かれ道になるのですね。

バリア機能とは肌にもともと備わっている働きで、化粧品を含め外界からの刺激をブロックする機能のことです。
本来化粧品の役割は「肌を健やかに保つ」をサポートする製品でなくてはならない。

しかし現代の化粧品は、合成界面活性剤を何種類も使って肌のバリアを壊し、うるおい成分などを浸透させシットリ感を持続させる製品が多く見られます。

一時的にしっとりモチモチ感は得られても、バリアを壊してこそ得られたしっとりモチモチ感であると言うことは忘れてはいけませんね。

バリア機能が損なわれれば、肌は必ず何らかのダメージを受けやすくなります。ダメージを受けた肌はだんだん弱っていきます。 弱っている肌に紫外線が当たり、さらにトラブル肌へと傾いてしまう恐れもあります。

化粧品はプラスするばかりの製品を選ぶのではなく、バリア機能を「守り」「整え」「保つ」製品をえらぶことをお奨めします。

皆さん、化粧品依存症にならないように気をつけてくださいね。

スキンケアで最もリスクが大きい「化粧落とし」
美肌菌

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

スキンケアで最もリスクが大きい「化粧落とし」
毎日のクレンジング、あなたはどんなことに気をつけていますか?

昔とは違い、最近は化粧品に含まれる添加物を気にされる美意識が高い方が増えているということで、どのメーカーも化粧品の安全性にはかなり気を配られている商品が多いように思われます。

そのような中「塗る」と言うこと、すなわちメイク商品で肌を傷める製品はめったにありません。
もし肌を傷めて、乾燥肌や敏感肌に悩んでいる女性がいるのならそれは、メイク化粧品ではなくそれを「落とす」商品が原因かもしれません。

塗った落とす当たり前のことですがその当たり前の作業を女性はほぼ毎日行っているのです。
メイクは「落ちにくい油汚れ」なので、落とし方を間違えると肌に大きな負担がかってしまいます。

クレンジングはメイクがよく落ちれば良いというものではありません。

「楽に落ちる」「スッキリ落ちる」ことだけを考えてクレンジングをしていると、間違いなく角層をひどく傷めお肌に負担がかかってしまいます。

いくらメイクがよく落ちても、刺激が強すぎるクレンジング料を使えば、メイクを落とさないことよりも肌にダメージを与えてしまう場合があります。

すすいだ時にサッと洗い流せるものほど合成界面活性剤が多い傾向があります。クレンジングは肌への刺激度を考えて選びましょう。

ゼノア化粧料本舗の製品は「今から1年先、10年先の肌の健康を考える」というコンセプトの製造されている安心して使える化粧品です。

22_1s_03[1].jpg
ファンデーション
合成界面活性剤の乱用は避けましょう

テーマ : スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

皮脂」は天然の高級クリ―ムです
「皮脂」とは・・・

皮膚常在菌によって分解され、脂肪酸などの弱酸性物質として肌表面に存在することで皮膚の表面を弱酸性に整え、肌を外部の雑菌などから守ってくれる役割、即ち皮膚への異物の侵入を防ぐためにある分泌物です。

本来人の肌は皮脂が肌内部の水分の蒸発を防ぐ働きをしているので、皮脂が適当量分泌される正常な肌であれば、特に自分で頑張って保湿する必要性などありません。

肌疾患がある場合は除きますが、子供の肌ってそうですよね。

肌には「バリアゾーン」と呼ばれている皮脂がタンパク質を脂でコーティングして守っている表面部分があります。
色々と調べていくと、皮脂は肌を保護するために分泌されるのであり、お肌に必要なもの。

ゼノアは、それを応用してクリームを製造しています。
「皮脂」はいわば天然の高級クリ―ムです。

バリアを補助するための基礎クリームは、皮脂の組成に近い処方を意識しなければならないのですね。

「垢」は肌の一部分
全成分で決まる化粧品の安全性

テーマ : スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「垢」は肌の一部分
スキンケアの基本はと聞かれたら、もちろん洗顔ですよね
スキンケアの半分は洗顔で決まるといわれるほど、洗顔がきちんとされていないと肌トラブルにつながってしまいます。
私たちは洗顔で毎日どのような汚れを落しているのでしょうか。
皮膚から出る汚れとして垢(古い角質) ・脂・汗などがあります。あともう一つ、外部からつく汚れとして、ほこりやごみ・油性化粧品などがあります。
とくに落ちにくいのは「皮脂」と「油性化粧品」です。
古い垢(角質)を落とし皮膚の新陳代謝を高めてあげることは適度に必要ですが、落しすぎは良くありません!
なぜなら、垢は元々肌の一部分だったもので、皮膚を保護する役割もしているからです。過度な洗顔で角質を取りすぎるなんてとんでもありません!
自ら皮膚バリアを薄くすることはないですよね。
垢をごしごしと取ることは、トラブルを招く原因につながるということを忘れないようにしましょう。
洗顔の際には両手を使って、優しく顔をなでるように洗いましょう。
垢は私たちが健康に過ごすために与えられている、大切な肌の一部なのですね

40代が目指すべきは、ツヤのある肌!!
無水型コールドクリームで「弾く肌」を手に入れよう!

テーマ : ヘルス&ビューティ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

genoafun

Author:genoafun
潤いと透明感
貼りのあるお肌
艶と腰のある美しい髪・・・

ゼノア化粧品通販 e-genoa shop のスタッフブログへようこそ!
初めてご訪問された方は、こちらの記事をお読みください。




カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
GENOA

ゼノア化粧品のご購入は
ゼノア化粧品通販 e-genoa shop
をご利用下さい。
携帯からも商品が購入できます。
バーコードを読取って下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク