美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

宣伝文句に惑わされるな!!

皆さん!なぜ人間は髪を洗うとおもいますか?
変な質問ですよね。

そんなことは考えるまでもなく、頭皮から出る脂でベタついたり汗をかいたりで臭くなったりするので気持ち悪いからですよね!
では何で洗うか?

水、お湯、だけでは皮脂汚れは落ちないので、シヤンプーを使いますよね

シャンプーという名の洗剤とは石鹸と化学成分で作る合成洗剤の2つに分かれます。
この合成洗剤に使われる洗浄剤こそが、台所洗剤、洗濯洗剤、そしてシャンプー、ボディーソープ、クレンジング、などと共通しているのです。

共通している・・・?
そうなんです!

実は違うのは濃度と香料、使いやすいように潤滑剤が入れてあるだけで、あとはそれ相応の商品をイメージしたキレイな容器に入れてタレントを使ってCMでもすれば「シャンプー」と形を変えるのです。
シャンプーとは洗剤ですメリットはネームバリューも歴史もある商品ですが、合成洗剤なのです。

自分の髪を美しくするかは自分次第です。
宣伝文句に惑わされず商品選びを心掛けたいものですね

【化粧品の成分】
季節によって変化する肌…
ゼノア化粧料本舗の商品は ゼノア化粧品通販 e-genoa shop からご購入下さい。

このページのトップへ

秋の抜け毛と活性酸素

秋は、1年中でもっとも抜け毛が多くなる季節と言われています。

抜け毛は普段1日に約70~80本 ほど抜けると言われていますが、秋になると1日に200以上本抜けることもあると言われています。 時として、頭皮のダメージ次第では200~300本くらい抜けるといわれています(゚△゚;ノ)ノ

私もシャンプー後の排水溝を見るのが怖い・・・そんな時もしばしあります。
抜け毛の原因にもいろいろあり、ストレスによるものや食生活のバランスの乱れによっておこる抜け毛など原因はさまざま。
シャンプーによっては抜け毛が進行してしまうことも!

特に秋の抜け毛は、夏の強い紫外線を浴びたことで体内では活性酸素が増加して体をさびつかせてしまうことに! 活性酸素が急激に老化を進めてしまったということですね!
体が老化すると言うことは、当然、毛髪にも影響していることは明らかです。

夏場の紫外線が頭皮や毛髪に負担を掛けた事によるものが多いと思われます。
秋こそ「育毛のシーズン」です!正しいヘアケアで、健康な髪を育てましょう。

ハンドクリームをつける方法
寝る前のリップケアのお話し

このページのトップへ

美髪

髪の毛を整える際に活躍する整髪料。
整髪料は髪の毛のセット、アレンジには欠かせない必須アイテムです。

日本では昔から椿油を初めとした様々な整髪料が愛用されてきました。
昔の整髪料は「ベタベタ、ギラギラ」感の強い整髪料が殆どだったのですが、ヘアムースが発売されてからはそれも解消され、サラサラとしたさっぱり感が求められるようになりました。

香りも強いものは好まれなくなり、『微香性』や『無香料』のヘアケア商品が主流になり、その後シリコン系のもので感触の良くなるヘア商品が爆発的に売れるようになりました。

しかしシリコン入りシャンプーは、毎日のすすぎが十分にされていないと髪にシリコンが残りコーティングされ、カラーが入りにくい・パーマがかかりにくいなど支障をきたす事態が稀に見受けられ、容業界では『シリコン』が次第に敬遠されはじめました。

サラサラになるというシリコンの特性は捨てがたく、各メーカーとも表示指定成分ではなかったシリコン油を明示せず、また表示しても『水溶性シリコン』という“水に溶ける”かの印象を与えるシリコンを配合して発売していました。

水溶性シリコンとは、名のごとく水に溶けないシリコンを水に溶けやすくしたものです。これは、油溶性シリコンよりは水に流れやすい性質を持っているようですが、水溶性といっても完璧に髪に残留しないと言うわけではないようです。

また、シャンプーには洗浄力を高めるために界面活性剤が配合されているものが多いですが、ラウレス硫酸○○○やラウリル硫酸○○○などは刺激が強く、髪と頭皮へ負担がかかります。
シリコンよりも粗悪で毒性の強いコーティング剤や界面活性剤が配合されていても、「ノンシリコン」と謳っていると髪に良いイメージを持ってしまいますね。

育毛シャンプーの多くがノンシリコンなのはこんな理由があるからです。

また、シャンプーを洗い流したときに顔や背中にシリコンが付着して、ニキビができてしまう場合もあるので、女性のお肌のことも考えるとシリコンは避けたい成分ですね。
 
髪の毛に良い食べ物
石けんシャンプー後のクエン酸リンスの役割は ?

このページのトップへ

髪の毛に良い食べ物

髪の毛は何から出来ているかご存知ですか?
実は皮膚の一部が変化したものなのです。
と言われても想像できませんよね!
髪の毛は、18種類のアミノ酸が結合してできるケラチンというたんぱく質から構成されています。
主成分がたんぱく質ということは、髪の毛に良い食べ物は良質なたんぱく質を含んだ物ということになります。
食事で大豆や魚などで たんぱく質を摂取し、たんぱく質の吸収を促進させるビタミン類も一緒に摂取するとよいですね。
そこで良質なたんぱく質としてあげられる食べ物と言えば、代表的なものは大豆製品や豆類です。
大豆を使った食品は豆腐やみそ・納豆、そして調味料では醤油があります。
大豆に含まれるイソフラボンという成分は、女性ホルモンの働きを活発にさせるエストロゲンと全く 同じ働きをします。
これは、ホルモンバランスを整えつつ抜け毛を防ぐ効果も期待できる!
という事になりますよね。
大豆は脂分を摂り過ぎることもなく、吸収効果も良いとされる食材です。
料理などにも活用しやすい食材ですから、薄毛でお悩みなら積極的に摂取したいですね。

主婦の仕事
石けんシャンプー後のクエン酸リンスの役割は ?

◎ 商品のご購入はこちらへ

このページのトップへ

石けんシャンプー後のクエン酸リンスの役割は ?

石けんシャンプーについてお役様から色々な質問を頂く中で特に多い質問が
「石鹸シャンプーの後は必ずリンスが必要なんですか?」
という質問です。

絶対に「しなければならない」、というものではないですが、石けんシャンプーで洗髪後はアルカリ性である石けんを中和するために酸性リンスを使用することが良いでしょう。

酸性リンスの目的はアルカリ性の石けんシャンプーで毛髪や頭皮の汚れを洗った後、酸性で中和しひらいたキューティクルをもとに戻し、頭皮や毛髪を健康にすることです。

更に酸性リンスは石けんシャンプーでの洗髪後、毛髪に皮膜となって残る金属石けん(石けんカス)を除去する働きもあります。
石けんシャンプーでアルカリ性に傾いた頭皮(お肌)でも、健康な頭皮(お肌)の方は再び弱酸性に戻す「中和機能」が備わっているので髪の毛の短い男性や髪の毛自体が痛んでいない子供さんなど酸性リンスを使わない方もいらっしゃいます。

髪の毛の長い女性は洗面器にはったお湯の中に酸性リンスを入れて髪全体にリンスをゆきわたらせるとよいでしょう。

お風呂
白髪に負けるな!

このページのトップへ