FC2ブログ
バランスのよい食事と睡眠
近頃慢性的な睡眠不足に悩まされています。
寝不足はお肌の大敵と聞いたことはないでしょうか?
なので近頃寝不足ぎみの私は案の定肌の調子はみるみるうちに下がっているように感じます。

健康でいるために良い睡眠をとることは、とても大切なことです。
人間にかかわらず生物にとって食事と睡眠は必要不可欠なことです。
私たちの肌も、いつもでも健康に保ちたいですよね!

皆さんは毎日何時間睡眠を摂っていますか?
私は11時から12時の間には寝るようにしていますが、家の後片付けなどをしていると12時を過ぎてしまうこともしばしば。
お肌には悪いとは思いながらも、早く寝ることはなかなかで出来ず一日が終わっている状態です・・・・。

本来お肌のことを考えるならば午後10時~午前2時に眠ることが美肌への第一歩と言われています。
それは、午後10時~午前2時の時間帯が成長ホルモンの分泌が最も活発なる時間帯だからです。

肌にはターンオーバーという新陳代謝のリズムがあることはご存知の方も多いと思います。

成長ホルモンは新陳代謝(ターンオーバ)を促す役目があるので、美肌を保ちたいのならば 成長ホルモンの活発な時間午後10時過ぎには床に就き,皮膚の新陳代謝を活発にすること!

これがいつまでも美しさを保つ秘訣です。
睡眠だけではなく「バランスのよい食事と睡眠」、まさにこの2つはお肌に最も大切なことなのではないでしょうか。

肌が固くなるのは何故?
皮膚(肌)は排泄器官!知ってましたか~?

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

簡単便利
朝は忙しいので、出来れば基礎化粧品は一本で下地まで兼ねそろえたものを使いたくなるものです。
欲を言えば美容液の役割もしてくれる化粧品なんかは一石二鳥ですよね。

気持ちはとてもよくわかります。特に子育て真っ最中のお客様からはよく言われます。
でもちょっと考えてみてください。ゲルクリームのような保湿化粧品を使用し続けることで、肌の表面は過剰な保湿状態になります。
保湿ばかりに偏ったスキンケアをし続けることにより、本来脂の環境である角質層を水びたしの状態にしてしまうことになります。
そのため皮膚のターンオーバーがスムーズに出来ず、肌は角化不全をおこしてバリア機能が著しく低下してしまいます。
角化不全が起きると皮膚は本来の柔らかさ・なめらかさを失い、乾燥肌になってしまいます。

肌の表面では、皮脂(油脂)を食べて脂肪酸をつくり出す常在菌がバランスよく存在して弱酸性の肌環境を保っているのです。しかし肌を水環境にすることで、
脂を餌にして肌の表面に存在している良い菌も悪い菌も、水に浸かりすぎて両方死んでしまいます。
また、ゲルタイプの化粧品を使用し続けるとニキビが治ったように思えるので、逆にバリアが弱くなっていってることに気づかないで長期使用する方がとても多いのです。
肌には肌に適した環境がとても大切で、それに合った基礎化粧品を選ぶことを忘れてはいけませんね。

合成界面活性剤の乱用は避けましょう
無水型コールドクリームで「弾く肌」を手に入れよう!

テーマ : スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

キレイな素肌を保つには
基礎化粧品の選び方、大切なところを見落としていませんか?!

お客様から「どの化粧品がいいですか?」「おすすめの化粧品はどれですか?」とよく聞かれることがあります。
しかし肌の状態は人それぞれ個人差があるので一概に「これがお勧め」 とはなかなか言えません。

すべての方と言うわけではありませんが、ゼノア化粧品と初めて出会う方のほとんどの方がお化粧品で肌を傷めてしまい酷い方では病院へ行ったりと肌について悩んでいらっしゃる方が殆どです。

中には傷めた原因を理解するために、本やネットで成分を調べたりして、ようやく化粧品の持つ毒性に気づいて市販されている化粧品を使えないという理由で、安全なゼノア化粧品と巡り合った・・・という方もいらっしゃいます。

化粧品を選ぶ際に大切なことは何だと思いますか?
それは、その化粧品がお肌についてどのような理論からつくられているのか。。。と言うことと、皮膚生理学的に基づいて 根本から素肌を整えるように考えられた化粧品を選ぶ!
ことではないでしょうか。

そして大切なのが、洗顔やメイク落とし、基礎化粧品などは、お肌に負担の少ないものを選ぶこと。

その他いろいろありますが、最低限これらをしっかりと考え選んでいただくことをおすすめします。

健康を守るための基礎クリーム
皮膚(肌)は排泄器官!知ってましたか~?

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

基礎化粧品の目的!
皆さん!知っていましたか?
じつはお肌に塗ってる化粧水とかクリーム、いわゆる基礎化粧品は角質層までしか浸透出来ません!
よくコマーシャルなどで浸透、浸透とは言いますが、化粧水やクリームは皮膚表面の角質層という壁にしか入らないのです。
化粧品のチラシやコマーシャルの四隅に小さな文字で必ず「※肌の奥=角質層」「※浸透は角質層まで」などと補足されて書かれているのを見たことは無いですか?化粧品にできるのは「外側から角質層に潤いを与え、健康な肌を保つ」ことなのです。
一方で医薬品にできるのは「肌細胞を作る層にアプローチしてトラブルを治療、健康的な角質層を作る」ことです。
もし、化粧品で浸透するとすれば、合成界面活性剤などの浸透剤を使って皮膚の壁を壊せば別ですが・・・
それは怖いことですよね。。。
  毎日使うものなので、そのようなタイプの基礎化粧品を使って、皮膚バリアを壊しては絶対にいけないのです。しかも、肌から栄養を吸収できるわけがないのですから。
基礎化粧品に必要なことは、そんなことではありません。
「皮膚の壁を壊さない」  「皮膚の壁を補強する」ことが目的なのです!
皆さん、基礎化粧品の目的を今一度考えてみて下さい。

制汗スプレー
常在菌を増やして、肌本来の環境を保ちましょう。

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ゼノアの「ローションU‐1」
ゼノアの「ローションU‐1」お使いになられたことありますか?
ゼノアの化粧水の中で、「ローションA-30」は一番人気の売れ筋商品です。

しかし年齢を問わず肌の柔軟性を求めるなら、ゼノアの基礎化粧品の中ではU-1シリーズがお奨めです。
簡単に違いをお伝えするとすれば、「ローションA-30」は幅広い世代と肌質に対応した五倍子のタンニン酸(肌をひきしめる) を配合する、ゼノアのベーシックな弱酸性化粧水なのです。

対する「ローションU‐1」は、一言で言うと、加齢対策ローションなのです。
人の肌は、年齢を増すことによってだんだんと厚く・かたくなる性質があります。
そのようなお肌を「柔軟にする」目的 でつくられたのが、U-1シリーズです。

「ローションU‐1」はお肌の柔軟性を求める弱酸性化粧水です。 ゼノアのローションの中で一番シットリ感が得られます。
端的に言えば、「ローションA-30」に期待する効果が「倍」なんです。

KBローションα・M3ローション・ローションA-30の効果を一本にまとめてあります。
だからと言って、じゃあ最初からこれを使えばキレイになるのね! と、いう訳ではないんです。

化粧品は肌から失われる成分を補うものですから、若い方がU-1で劇的な効果を得られるかというとそうでもありません。
若さ故に水分と脂質が良いバランスで保持できているから、化粧品で早急に補う必要性がないのですね。
この場合はソープで洗顔し、KBローション若しくはローションA-30でお肌の状態を弱酸性に整えるだけで良いです。

ゼノアをお使いの殆どの方がゼノアのアイテムを長期使用されて、品質の高さと効果を感じていただいております。
これらの商品の中で肌をより白く、張りと艷やかさを保ちシワの予防を現状の技術で極限まで高めたのがU-1シリーズ。

まずはA-30シリーズを使いこなしてから、さらなる高みを目指す時に手に取ってみて下さい。
 お客様の求めているものがあるかもしれません。

「肌を丈夫にすることが美容の基本」それをわすれてはいけないのです。

商品のご購入はこちらへ

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

genoafun

Author:genoafun
潤いと透明感
貼りのあるお肌
艶と腰のある美しい髪・・・

ゼノア化粧品通販 e-genoa shop のスタッフブログへようこそ!
初めてご訪問された方は、こちらの記事をお読みください。




カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
GENOA

ゼノア化粧品のご購入は
ゼノア化粧品通販 e-genoa shop
をご利用下さい。
携帯からも商品が購入できます。
バーコードを読取って下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク