美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

手の甲にシミが・・・

シミが出来て一番目立つ箇所と言えばもちろん顔のシミですが次に目立つ箇所はどこだと思いますか?
実は手のシミなのです
手の甲のシミは年齢が現れる部分とも言われています。

そう言えば昔、おばあちゃんの手の甲にあったような・・・薄っすらと記憶があります。

手の甲は顔と同じように紫外線の影響を受けやすい ところで、顔とは違って日焼け対策も忘れがちになる部分です。
なので、老人性のシミができやすい部分なのですね(・Д・)ノ

パックをシミの気になるところや手の甲全体に乗せてパックをする。
手のシミ対策やケアは顔に使っているシミ対策用化粧品でケアできるので経済的ですね。

出来てしまったシミにはパックで対応するしかありませんが、手のシミ予防対策、第一には日焼け止めのでシミを予防することが一番です。

顔の日焼けはしっかり予防しているのに手となると日焼け対策をしてない方も意外と多いようです。
日中、洗濯物を干すときや、お出かけなど意外と日にさらされる機会は多いものです。

日焼け止めはしっかり、手にも塗るようにしましょう。

ハンドクリームをつける方法
冷えと乾燥

ゼノア化粧料本舗の商品は ゼノア化粧品通販 e-genoa shop緑 からご購入下さい。

このページのトップへ

ハンドクリームをつける方法

秋ですね~
朝晩の気温の変化が激しいので身体がついていかない私ですが、皆さんはどぉですか。

これから段々炊事にお湯を使う季節になってきました。
寒くなると、私も家では食器洗いについついお湯を使ってしまします。

お湯を使い出すと気になってくるのが手の乾燥(手荒れ)です。
なんとなく親指と人差し指を擦り合わせると「カサカサ~」なんて音がしていませんか・・・

その音は「もうハンドクリームでケアをしなくてはいけませんよ・・・・」の合図かもしれません。

まだまだ大丈夫!

なんて思っていたら、「あっ!」と言う間に指先のパックリ割れに見舞われてしまうかもしれませんよとにかく早めにケアしましょう。

ところで、皆さんはハンドクリームを塗る時にどこからつけますか?
殆どの方は手の甲につけて、最後に手のひらに伸ばす方法をとられていると思います。

効率よく手全体にハンドクリームをつける方法は、まず適量のハンドクリームを取って手のひらの指先に乗せます
よ~く擦り込んだら次に指先、爪の生え際までよ~く擦り込みましょう。

またまたよ~く擦り込んだら、手のひら・手の甲にクリームをまんべんなく延ばしましょう。

この方法は私が研修のときに教わった方法です。
皆さん是非試してみてくださいね

セラミドが作られる過程
季節によって変化する肌…

このページのトップへ

手荒れの前に「ハンドクリーム」

(*^_^*)秋ですね~
朝晩の気温の変化が激しいので身体がついていかない私ですが、皆さんはどぉですか。

手肌が乾燥しやすい季節で、お湯を使う機会も増えるので、手荒れが気になりますね。
なんとなく親指と人差し指を擦り合わせると「カサカサ~」なんて音がしていませんか・・・

それでは何故冬場に手荒れがおきやすいのでしょう・・・
私たちの皮膚の表面は、皮脂と水分でできたハンドクリームのような働きをしている皮脂膜で守られています。
その膜がお湯などを使用することで洗い流されとれてしまうと、皮膚の角層から保湿成分が失われ手荒れが起こりやすくなるのです

手荒れの原因は、水仕事だけではありません、土いじり、紙をたくさん扱った場合など、手荒れが起こることがあるので注意が必要です。

手にかさつきを感じているのでまだ大丈夫!

なんて思っていたら、「あっ!」と言う間に指先のパックリ割れに見舞われてしまうかもしれませんよとにかく早めにケアしましょう。

ところで、皆さんはハンドクリームを塗る時にどこからつけますか?
殆どの方は手の甲につけて、最後に手のひらに伸ばす方法をとられていると思います。

効率よく手全体にハンドクリームをつける方法は、まず適量のハンドクリームを取って手のひらの指先に乗せます
よ~く擦り込んだら次に指先、爪の生え際までよ~く擦り込みましょう。
またまたよ~く擦り込んだら、手のひら・手の甲にクリームをまんべんなく延ばしましょう。

この方法は私が研修のときに教わった方法です。
皆さん是非試してみてくださいね(*^_^*)

常在菌と肌の健康
柿の葉のお茶とビタミンC

このページのトップへ

手荒れの原因は冬だけではありません。

手が荒れるのは空気が乾燥する冬だけ!と思ってはいませんか?
手荒れは空気が乾燥する冬だけではなく、水仕事が多いと季節を問わず手が荒れてしまうので、手荒れは女性にとって深刻な問題といえます。

水仕事もたまにやるなら気分転換にもなっていいですが、女性はほぼ毎日です。
「ちょっと手が荒れたくらいなら、大丈夫!」と放っておかないでくださいね!
放っておくと痒みがでたり腫れてしまったりと悪化してしまい、最後は皮膚科に行く事になってしまいかねません。

水や洗剤を使う場合には事前にハンドクリームなどを塗り、手の皮脂が奪われるのを防ぎましょう。
毎日水や洗剤を使う主婦などの多く見られる手荒れに、「進行性 指掌角皮症」というのがあります。水仕事の多い女性に多くできたため俗に「手湿疹」や「主婦湿疹」と呼ばれています。

どんな症状があるかというと、
乾燥して皮が剥ける
あかぎれができてひび割れをする
湿疹ができる
かゆみが起こる

親指や人差し指などのよく使う指先から症状が現れ、やがて手のひら全体にかゆみや湿疹などが広がっていきます。日常生活において手あれを防ぐには手の脂分を取りすぎないことと、物理的刺激を避けることが重 要です。
手の脂分が失われる最大の原因は食器洗いの洗剤です。

皆さん、食器を洗うとき洗剤をどのように使用していますか?
スポンジに直接つけてはいませんか?
特に合成界面活性剤使用の洗剤は洗浄成分が強い為、直接スポンジにたっぷりとつけては手荒れの原因になってしまいます。

日常使う食器用洗剤の裏ラベルをしっかり読む人は少ないと思いますが、実はほとんどの食器用洗剤の裏には、「〇倍程度に薄めてご使用ください」「原液をスポンジにつけて使う場合は手袋を」などと書かれています。使用する際は出来れは使用方法を確認して使用されることをお勧めします。

※手荒れの原因に繋がるので、個人的には合成界面活性剤使用の洗剤はお勧めはしませんが・・・

なぜなら合成界面活性剤は皮脂膜を破壊してしまうので、かさつき,荒れ,湿疹の原因に繋がる可能性があるからです。
どれか一つでも思い当たる方は、合成洗剤からせっけんに替えてみてはいかがでしょうか?また洗剤が原因ではないと思う方も、疑わしいものは避けてみるというのも方法ではないかと思います。

e-genoa shop 緑
の「ベタつき」や「ゴワつき」
ビタミンA(レチノール)

このページのトップへ

怠っていませんか?「手のケア」

そろそろ水が冷たく感じる季節です。冬場、私のそばにあるゼノアの商品といえばハンドクリームです。
特に秋から冬場にかけての主婦方の手荒れは深刻な問題です。
特に秋から冬場にかけてので 家事や炊事、洗濯と手をお湯+洗剤 にさらす機会が多い為、手荒れに悩んでいる人は多いですよね。
この季節、うっかり手のケアを怠っていると、あかぎれになるは、ひび割れるは、すぐにガッサガサになります。
手荒れをほおっておいて大変なことになってから皮膚科に行くことのないようにしたいですね。
たかがハンドクリームですが、このハンドクリームだけでもしっかり自分に合う良い物を選べば大体の場合、症状はかなり緩和できます(*゚▽゚*)
ことろで皆さんはハンドクリーム、どのように手に塗っていますか?
手荒れをしないようにベタベタするほどタップリと塗りすぎてはいませんか?

ゼノアのハンドクリームは、たくさん塗る必要はありません!
小豆粒大を指先に取り10本の指先に分けます。

まず、爪の周りによくすり込んでください。
次に手のひらや指の間にも延ばし、最後に手の甲に延ばしていくと拭き取らなくてもシットリとして気持ちいいですよ。
何かを触るときも違和感がありません。この使い方ですと、いつでも「ちょっとハンドクリームを付けよう」となりますよ。

プロ用のハンドクリームなので優れた皮膜力で洗剤や刺激物をはじき手のうるおいを守ります。
しかもゼノアのこだわりである「肌の環境をととのえる」という点をふまえた基礎クリームとしても、充分な組成を持たせてあるハンドクリームです。

「手はもう一つの顔」と言われています。どうぞ皆さん大切にしてくださいね。


20080111154712.jpg
「かかと」のガサガサ対策
一次刺激性皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎との違い

このページのトップへ