FC2ブログ
味蕾に悪影響を与える「歯磨き粉」
皆さんどんな歯磨き粉をお使いですか?

最近は歯磨き粉にも、色々なものが増えているます。
毎日口に含むものですから、効果があって安全なものを使いたいですよね。

一般的な歯磨き粉を使って歯を磨き、その直後に何かを食べると「何か味が変・・・」
そのような経験はありませんか?

舌の表面には味蕾があり、味覚(甘い・辛い・酸っぱい・渋いなど)はここで感じるものですが、歯磨き粉の発泡剤として入れられているラウリル硫酸ナトリウムが味蕾に悪影響を与えるからだといわれています。

ラウリル硫酸ナトリウムは市販の歯磨き剤のほぼ全てに含まれると言っても過言ではありません。

歯磨き粉に発泡剤として用いられているラウリル硫酸ナトリウムは、舌の味蕾(味覚の細胞)を溶かすからそれだけではなく口腔粘膜から吸収されてタンパク質を変性させてしまいます。

なぜ安全性に疑問があるラウリル硫酸ナトリウムは使い続けることができるのでしょうか? 疑問に思いその理由を調べてみました。

それは歯磨き粉に発泡剤として添加される量は非常に少ないため、健康体であればあまり神経質になる成分ではないとか・・・

でも毎日毎日365日歯を磨くことを考えると、たとえ一回の量が少量でも「影響がない!」なんていえるのか、疑問に思います。

日本は多くの添加物が許可されていますが例え1回分の量が少量でもその種類や使う頻度から考えると安全であるとは考えにくいのですが・・・

皆さんはどう思われますか?

私はj消費者の方々が自らのカラダのこと、カラダに入るもののことについてもう少し興味を持っていいのではないかと考えます。 毎日使うものこそ安全なものを選ぶ必要があるのではないでしょうか。
6147075.jpg
美肌菌
ミネラルオイル(鉱物油)の安全性

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

口の中に入れる物だからこそ安全な歯磨き粉を
歯みがきをした後に食べ物を口にして「味が変?」・・・美味しくない」というような経験をしたことがありませんか。

これは、歯みがき剤の清浄成分として合成界面活性剤が使用されているため、味覚を感じ取る味蕾(みらい)細胞が刺激を受けて味覚異常を起こしているからなのです。

「石けんはみがき」って聞いたことがありますよね。
ゼノアの 歯みがき柿ん子は清浄成分に石けん素地を使用した「石けんはみがき」なので、味覚にも影響を与えず安心して使っていいただけます。

年配の方が食後にお茶で口をすすぐという生活習慣は、お茶の渋の成分がエナメル質や口の中を引き締め、殺菌し虫歯を予防するために自然に身に付いたものだそうです。

歯みがき柿ん子は、柿の葉末を配合することでこのような渋(タンニン質)の特性をいかしています。また、タンニンはカンテンとともに汚れも吸着してくれます。

磨いているときは歯が柿の葉色になってギョッ!としますが、すすいだ後に色が残ることはありませんので安心して使って下さいね。

そして磨いた後のお口の中には、スペアミントの自然な清涼感がひろがります。

ゼノアではお口の中に入れる物だからこそ、お子様が飲み込んでしまっても心配のない様に原料の安全性には気を配っています。
お口の中の健康維持
美肌菌
お口の中の健康維持
私たちの口の中には500種類以上の細菌が住み着いているといわれています。 そぉ~ですね・・・数にするとざっと500~2,000億にもなるでしょうか。

皮膚には細菌の浸入を防ぐバリア機能が備わっていますが、口の中は皮膚と違い角質層というバリアーがありません。
粘膜で覆われていて、薬は浸透していきやすいデリケートな部分です。
だからこそ歯磨き粉の成分には注意が必要です。

ゼノアの歯磨き剤「ハミガキ柿ん子」は、多くの植物に含まれているたんぱく質を強化するタンニン質を配合したハミガキ剤です。
タンニン質はお茶のような渋味のある植物に多く含まれています。
お茶はカフェインの含有量も多いのですが、「ハミガキ柿ん子」はカフェインのない柿の葉茶より抽出したタンニン質を配合する事で、歯のエナメル質を強くしたり、歯ぐきを健康に保ち歯周病予防を防ぐ目的でつくられた歯磨き剤です。

歯の健康は一日にしてならずです。お口の中の健康維持もお顔同様、歯磨き剤を選ぶ際にも内容成分に気を配ることは大切なのではないでしょうか。

肌環境を考慮したUVクリーム
リップケア

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

リップケア
この季節になると毎年悩まされるのが『唇のヒリヒリ』。
お客様の相談の中には唇の乾燥がひどくなってきてしまった・・・などのお悩みの声もよく聞きます。
空気が乾燥する冬・・・「唇」もトラブルが増えますよね。
女性から見ても、うるおって柔らかい「ぷるぷる」の唇は魅力的!
唇が乾燥してガサガサで荒れていては、いくらお顔にメイクを施して綺麗にしてもその魅力が台無しになってしまいます。
ですが、なかなか忙しくてリップケアができていない!という方も多いと思います。
唇はじつは皮膚ではなく、粘膜なのです。もともと皮脂腺がなく、そのため乾燥によるダメージを受けやすいパーツです。
カサつきや皮むけだ血色も悪くなって不健康な表情に。
ダメージを受けやすいパーツである唇は、口紅を使った時はちんとクレンジングをしていないと徐々に色素沈着も起こしてしまいます。
いつもキレイな唇でいられるように、口紅を選ぶ際には、出来ればタール色素や浸透性の強い合成界面活性剤を含まないものを選ぶ事をお奨めします。
唇は血流の悪さによるくすみなども出やすい部分なので、適切なリップケアを行い予防と改善を図っていく必要ですね。
唇を保護するために買ったリップでなぜか余計に荒れてしまって・・・と言われる方!
唇の荒れ・ひび割れ・乾燥などでお困りの方はもちろんのこと、唇を荒れさせずに保護しながらも、ほんのり色づく「ゼノアリップクリームピンク」を是非お使い頂きたいいます。

柿が赤くなると医者が青くなる!
本当は怖い歯磨き粉

テーマ : ヘルス&ビューティ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

本当は怖い歯磨き粉
歯磨きをした後に、何か食べると、味がよくわからなくなる事はないですか?

それは舌の表面には味蕾があり、味覚(甘い・辛い・酸っぱい・渋いなど)はここで感じるものですが、歯磨き粉の発泡剤として入れられているラウリル硫酸ナトリウムが味蕾に悪影響を与えるからだといわれています。

ラウリル硫酸ナトリウムは市販の歯磨き剤のほぼ全てに含まれると言っても過言ではありません。

歯磨き粉に発泡剤として用いられているラウリル硫酸ナトリウムは、舌の味蕾(味覚の細胞)を溶かすからそれだけではなく口腔粘膜から吸収されてタンパク質を変性させてしまいます。

なぜ安全性に疑問があるラウリル硫酸ナトリウムは使い続けることができるのでしょうか? 疑問に思いその理由を調べてみました。

それは歯磨き粉に発泡剤として添加される量は非常に少ないため、健康体であればあまり神経質になる成分ではないとか・・・

でも毎日毎日365日歯を磨くことを考えると、たとえ一回の量が少量でも「影響がない!」なんていえるのか、疑問に思います。

日本は多くの添加物が許可されていますが例え1回分の量が少量でもその種類や使う頻度から考えると安全であるとは考えにくいのですが・・・

皆さんはどう思われますか?

私はj消費者の方々が自らのカラダのこと、カラダに入るもののことについてもう少し興味を持っていいのではないかと考えます。 毎日使うものこそ安全なものを選ぶ必要があるのではないでしょうか。

市販の歯磨き剤に入っている、「つぶつぶ」には要注意を!
日々できるお肌のくすみ対策

テーマ : 歯をキレイに
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

genoafun

Author:genoafun
潤いと透明感
貼りのあるお肌
艶と腰のある美しい髪・・・

ゼノア化粧品通販 e-genoa shop のスタッフブログへようこそ!
初めてご訪問された方は、こちらの記事をお読みください。




カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
GENOA

ゼノア化粧品のご購入は
ゼノア化粧品通販 e-genoa shop
をご利用下さい。
携帯からも商品が購入できます。
バーコードを読取って下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク