保湿化粧品

保湿効果のある化粧品の成分をみてみるといろいろな種類がありますね。

よくよく成分を調べて見てみると、合成界面活性剤と水溶性合成ポリマーを使っているものが多く、皮膚の環境を考えると最悪です。

ジェルの基本処方は「ジェル=水+水溶性ポリマー+界面活性剤」です。
では、このサッパリ保湿ぶるるんジェルをお肌に塗ったらどうなるでしょう・・・
界面活性剤と水溶性ポリマーはとても仲良しさんで、界面活性剤と水溶性ポリマーの二つが力を合わせて大切な皮脂を奪ってしまうのです。そして界面活性剤は角質細胞間脂質を奪って、皮膚のバリアを壊してしまいます。
バリアの壊れた箇所から水分を浸透させ、皮膚を膨張させます。

イメージ的には「しっとりぷるぷるお肌」ってところでしょうか。

水をしっかり染込ませた後は、蒸発しないようにフタが必要ですね!
そのフタの役目が水溶性ポリマーなのです。
それも、ポリマーと言う「ビニール」のフタです。

皮膚の環境を考えると怖いですね
これが、いわゆるぷるるん保湿タップリのジェル化粧品なのですね。

水で膨らんでいるので、シワは一時的には伸びていることになりますものね。

・・・皆さん、でもこのような「しっとりぷるぷるお肌」は期限付きだと言うことを忘れないでくださいねっ

広告にだまされない!化粧品選び
生まれついた肌、本来の肌を健康に守る【ゼノア化粧品】 

化粧品を選ぶ際の注意点

化粧品を選ぶ時、貴方は何で選びますか?
とても重要視されることです。
パッケージで・・・?
それともサンプルの使用感だけで・・・?
きっと答えはノーでしょう。
私達が化粧品を選ぶとき、最も重要視するのはその化粧品の持つ効果です。
しかし、それだけで化粧品を選んでいた場合本当の意味での化粧品の良し悪しがわからなくなってしまいます。

特に柔らかくてさっぱりとしたクリームは、使い心地がとても気持ちいいですね。
このようなクリームの原材料はいったいなんでしょう・・・
皆さんは考えたことがありますでしょうか

このクリームの原料として使用されるものの中に、合成樹脂(ポリマー)といわれるものがあります。
合成樹脂(ポリマー)は変質しない・腐らない原料として、化粧品に多く使われている原料なのです。
合成樹脂(ポリマー)をお水と混ぜると、このようにオイルフリーのさっぱりとした使用感のあるクリームが出来ます。
そのようなクリームを使用し続けていると、肌環境を悪化させることはあっても肌を守る(バリアゾーンの補強)ことはできないのです。

コラーゲン配合やコエンザイム配合といったような言葉よりもクリーム本来の機能性(バリアゾーンの補強)を求めなければ、外界からの刺激チリ、汚れ、紫外線やまた、メイクの負担からも肌を守ることはできないのです。

化粧品内容成分を気にかけよう
イキイキッ血色の良い肌に見えるために!

透明な石鹸

近頃は、きれいな透明の石鹸をよくみかけるようになりました。
透明な石鹸はとっても高級なイメージがありますよね
値段的には、普通の固形石鹸より若干高めのような気がします。
固形石鹸の一種である透明石鹸は、洗顔用や肌の弱い人向けに原料となる油脂の精製度を高くし、グリセリンや糖質を加えて半透明にしたものです。
一般的に原料となる油脂にはひまし油、パーム油、やし油、ステアリン酸、オレイン酸など が使用されています。
透明石鹸には保湿剤であるグリセリンや砂糖が配合されるため、皮膚の保護作用があり使用感がマイルドですが、水分が多くなる分香料もたくさん入れる必要があり(固形化するまでに香がかなり抜けてしまうため)製造工程もふつうの石鹸の何倍も多いと言うことでコストは高くついてしまうのです。
一般に石鹸をマイルドにするには増量剤で石鹸を薄めますが、ゼノアクリームソープは原料の油脂に含まれている刺激性不純物を除去することで純度を高めて、マイルドな洗い上がりを求めた石鹸です。
溶けにくく値段もお手頃なので、弱肌のお子様にも是非お奨めの商品です。

美肌に繋がりの深いビタミン
化粧品の刺激全部が肌によくないの???

テーマ : スキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット