美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

大型連休

暖かい春!
気持ちもウキウキします。

いよいよはじまりますね大型連休☆、 すでにGWになっている方も 中にはいらっしゃいますね(^-^)/
まだ風もあったりして過ごしやすい陽気が続いていますが、 紫外線対策は万全ですか?
外へ出かけるときはしっかりUV対策をするのに、家に居る時は油断しがちになります。

しかし室内にも窓ガラスを通して、紫外線は降り注いでいるのです。
皆さん、気を抜かないでくださいね。

紫外線のABCって知っていますか?
紫外線は波長の長さにより、「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」の3つに分類されます。

その中で波長の一番長いのはUVA!
なんとガラス越しでも通過し、肌の奥まで到着してしまう紫外線なのです。
肌の老化の原因になりますので、室内で過ごす時間が多い方でも紫外線対策を忘れずに行ってください。

室内での無防備なときの素肌に、ゼノアからお勧めのクリームが『フリージアクリーム』 
メイクをしない方に最適な、通気性、吸湿性に優れたバニシングタイプのクリームです。

脂肪酸に地質顔料を配合し、紫外線からできるだけお肌を守るよう配慮されていますので、軽いUV対策にも最適です。
純ステアリン酸系のさっぱりしたクリーム。室内で過ごす時などに使ってみてくださいね。

非乳化型のファンデーション
季節によって変化する肌…

このページのトップへ

紫外線の種類

お盆休み真っ只中、帰省している人や 行楽地にいかれている人 、海外旅行にいかれて いる人、はたまた お盆休みも仕事している人様々だと思います。

因みに残念ながら、私は仕事でございます。

昨日の横浜は雨が降り、少しは過しやすいと思いきや、今日はまた、夏の日差しはガンガン降り注いでいます。
皆さん!日焼け止めや、紫外線対策グッズの準備はバッチリですか?

意外と皆さん紫外線のことを知らずに日焼け対策をしている人が多くいらっやいます。
今回は皆さんに紫外線について簡単な基礎知識のお話をさせていただきます。
紫外線には、UVAとUVBがあります。
(さらにUVCもありますが、これは地上には届かない紫外線なので、考えなくてもよいでしょう。)

●UVA ・・・ 窓ガラスを通して入ってくる。 肌を黒くする。
         真皮にまで届き、コラーゲンを傷つける。
         カットするものの代表は、酸化亜鉛。
         カットの表示はPA。 例: PA+、PA++

●UVB ・・・ 窓ガラスを通しては入ってこない。肌を赤くしたり、ひどければ火傷のようになる。
         表皮までしか届かないが、角質層を傷め、乾燥させる。
         カットするものの代表は、酸化チタン。
         カットの表示はSPF。 例: SPF20、SPF15
ということで、夏だけでなく、通年を通して、紫外線対策を忘れないようにしま しょう!

ウォータープルーフタイプのファンデーションと皮膚環境
化粧品内容成分を気にかけよう

このページのトップへ

ウォータープルーフタイプのファンデーションと皮膚環境

ここ数日とにかく暑い日が続きますね。
外は蒸し風呂状態、息苦しさまでかんじられます( ̄◇ ̄;)

こう暑いと顔の汗が滝のように流れてくるので、女性として気になるのがメイク崩れ。
炎天下でのメイク崩れは崩れかたが普段とは全然違うので、なかなかメイク直しもうまくいかないものです。
出来れば汗に流れないでしっかりと紫外線もカバーできるファンデーションを使用したいと思いますよね。

そこで身近に出に入りやすい夏向けのファンデーションといったらウォータープルーフタイプのファンデーションですね。
ウォータープルーフタイプの化粧品。いわゆる「water(水)」「proof(防ぐ)」
つまり防水加工が施されている、という意味。

ウォータープルーフ化粧品は一般的に水に強い化粧品ですが実は皮脂には弱く、お仕事で汗や皮脂が大量に出るような環境では見事にほとんど化粧崩れを起こしてしまいます
( ゜Д゜;)!
ウォータープルーフが水や汗に強く、長時間崩れずに肌に密着していると言うことが特徴ですが、その理由は、「シリコン」にあります。

シリコンとは、合成樹脂などを原料にしていて、ウォータープルーフの効果をだすための成分。触った感じがツルッとした使用感が特徴です。
外出の機会が多く汗をかきやすい人や、なかなか化粧直しできない環境の人はウォータープルーフタイプを利用する方もいらっしゃると思いますが、私個人的にはあまりお勧めはしません。
なぜなら「シリコン」が必要以上に肌に密着する為、落とす際にクレンジングの負担も高くなるからです。それと角質を育て肌バリアを守る意味では、まったくそれとは真逆の行為になるのです。

こうしたシリコン・合成ポリマーは、がっちり貼り付いて簡単には落ちないので強めのクレンジングが必要になります。強めのクレンジングでは、まだ必要な剥がれ落ちるべきでない角質までもごっそり剥がされてしまいます。

また、水をはじく力が強ければ強いほど皮膚呼吸を妨げ、皮脂膜の形成をジャマします。
このようにして、合成ポリマー・シリコン系のものを使い続けることで乾燥肌に傾いてしまいます。
くれぐれも乱用は避けることをお勧めします。

紫外線や乾燥から肌を守るファンデーションとしてゼノアがお勧めさせていただいている商品がサンスクリファンデーションです。
サンスクリファンデーションは市販のクリームタイプのファンデーションとはテクスチャーが違い、かためのクリーム状ファンデーションです。

ゼノアならではの非乳化型のファンデーションになりますので、最大の特徴は、汗をかいても崩れにくい!ということです。
ミネラル粒子が紫外線をはね返し、肌のキメを整え透明感を与えます。

合成界面活性剤、乳化剤、タール色素、合成ポリマーは使用していないので、お肌の環境を損なわずに紫外線を防止できるファンデーションになります。
とてもお勧めなので是非一度お使いになられてみてはいかがでしょうか?

土質系のパック
UV対策

このページのトップへ

UV対策

日差しが気になり始め、UV対策が必須になってきました。
紫外線に害があることは広く認識されるようになり、日焼け止めを塗る人が増えていると聞きます。

ところで皆さん、UVカット化粧品には、大きく分けて2種類あることはご存知ですか?
それは、紫外線散乱剤配合のものと、紫外線吸収剤配合のものです。

 チョッとお話がかたくなってしまいそうですが、聞いてくださいね。

紫外線散乱剤は、その名の通り肌の表面で紫外線を反射・散乱させ、紫外線をブロックするものです。「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの天然顔料がお肌に当たる前に紫外線を跳ね返すものなので、お肌への負担は少ないといわれています。

一方紫外線吸収剤とは、吸収剤が紫外線のエネルギーをいったん吸収し、それを熱に変えて放出し肌への侵入を防ぐものです。吸収剤は化学的な反応を利用しているのでUVカット率は高くできるのですが、その分お肌に負担を与えることになってしまうようです。

散乱剤はお肌にやさしく、吸収剤はUVカット力が強い ということになりますね。

ゼノアではお肌への負担を考え、日焼けを防ぐためには紫外線散乱剤を配合しています。
アンティサンバンは、紫外線散乱剤によるボディ用のUVカットクリームです。
腕や首などは、アンティサンバンを塗った上から酸性パウダーをつけてあげるとベストですよ。

生まれついた肌、本来の肌を健康に守る【ゼノア化粧品】 
肌に負担をかけない日焼け止めクリーム

このページのトップへ

日焼け止めクリーム

蒸し暑い日が続きますね~
とにかく暑いです

今年は「冷夏」だと言っていましたが、この暑さです
たまに曇りの日があるとなんだか「ほっ・・・」としてしまいますよね。

ジリジリと照りつける夏の陽射し、特にこの季節のお肌のために絶対に欠かせないケアが紫外線対策として日焼け止めを塗ること

プールや海といった水に濡れる機会が多い夏は、小まめに日焼け止めを塗ることが大切です。
いくら効果の高い日焼け止めを塗っても、水や汗で流れたら何の意味もありません。

しかし、SPF数値の高い日焼け止めやウォータープルーフ製品は水や汗に強く長い時間化粧崩れを防いでくれるため非常に便利な反面、その分肌に負担をかけていることがあります。

水や汗に強い日焼け止めは、シリコンやそれととほぼ同様の働きをする成分構成のものがほとんどです。
そのため肌への吸着力が強力すぎるので、これを落とすためには強いクレンジングをする必要があり、肌に負担がかかる場合もある事を考えなくてはいけません

日焼け止めを塗ることは紫外線対策としてとても効果的な方法ですが、選び方を一歩間違うとお肌に負担を与えてしまうことがあるのです。

日焼け止めを塗ることによる肌に対するリスクは、大きく分けて2パターン考えられます。
(1)日焼け止めに含まれている成分によるダメージ

(2)日焼け止めを落とす時のクレンジング剤によるダメージ

この2パターンを考えると、日焼け止めには使用感や仕上がりを良くするために、お肌に刺激の強い成分を使っている製品が多く出回っている事にも注意が必要です。 そしてお肌のことを考えて、メイク等を落とすためのクレンジングにも気を配らなければならないということが分かります。

日焼け止めを選ぶ際には、ベタつかない・長持ちするなどの使用感や仕上がりの具合やSPFの高さだけで選ばず、多少汗や水に流れやすくても肌への負担が少ない成分構成の日焼け止めを選びましょう。
そして日傘や帽子・服装などにも気を配って、極力日焼けをしないように気をつけてこの夏を楽しく過ごしてくださいね

anti_sunmurn_4mmg_120ts[1]
「梅雨」の季節の肌ケア
猛暑と紫外線量

このページのトップへ