FC2ブログ
日焼けと乾燥肌の関係
残暑もまだまだ続き、紫外線対策には手が抜けませんよね。
日差しの強い今の時期、気になるのが「日焼け」ではないでしょうか。

日焼けすると乾燥肌になりやすいと言われる事もありますが、事実なのでしょうか。

日焼けは皮膚が軽い火傷をした状態のことで、皮膚は熱を持った状態になります。
熱を持った状態ということはそれだけ水分が蒸発しやすくなっていて、そのままにしておくと肌はガサガサの状態の乾燥肌に…

そして、メラニン色素が排出されずに一部が色素沈着として残ってしまいシミとなってしまいます。
シミの予備軍をつくらないためには、日焼け後に適切なアフターケアをすることがとても大切になってきます。

日焼けによる肌の乾燥対策として、皮膚表面の酸性環境のサポートを常に怠らないことがポイントです!

運動後もしくは帰宅後、ローションA-30のような弱酸性化粧水をお顔、デコルテ、腕周りなどにつけてあげてください。
ボディが乾燥するようであれば、化粧水をつけてあげても大丈夫です。でも、体に使うのはちょっともったいないという方は、ボディローションエスタノールが役に立ちます。

紫外線からお肌を守るために、外では日陰にいる時間を長くしたり、地面からの照り返しを防ぐために通気性がよく肌の露出が少ないものを着用するように、首筋も焼けやすいので襟のある服を着たりスカーフを巻いたり、帽子はつばの広いものをかぶる等と服装にも気を配ることで肌への影響は大きく変わります。

これから紫外線の強い季節がやってきますが、日焼け対策と正しいスキンケアでシミのないクリアなお肌を保ちましょう。

「フェイスシェービング」の効果
化粧下地って必要?

テーマ : ヘアケア&スキンケア&コスメ情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

紫外線対策の基本は!
紫外線が気になりはじめますね。

CMでは各メーカーによる夏のメイク商品や夏場に欠かせない日焼け止めの広告・宣伝が目に留まります。
ドラッグストアーの化粧品コーナーでもUV化粧品が沢山陳列させています。

成分を見る限りファンデーションや日焼け止めクリームはおそらく伸びも良く、ベタベタしないでサラッとした使用感なのでしょう。

しかも汗や水にも強いウォータプルーフタイプでしょうから、使い心地は抜群だと思います。
使い心地が良くて紫外線をカットしてくれる最高な商品と思われがちですが、実は使い続けることによりお肌の健康は奪われてしまうのです。

何故ならそれは、合成ポリマーやシリコーンなどがタップリ使われているからです。

「車」のボディーのポリマー加工と同じことです。

大げさな!!
と思うかもしれませんが、化粧品をつけるところは、皮膚という生きた細胞です。

そんな生きた皮膚へ車のポリマー加工と同じようなことをすれば、本来ある皮膚環境は保てません!

しかも、合成界面活性剤を併用していることによって皮膚バリアをさらに弱くし商品によっては美白効果も期待させている商品が多くあるので、紫外線よりもこの製品を常用する方が肌トラブルになりやすいといえます。

この時期は欠かせないUV商品ではありますが、紫外線対策の基本は、UV化粧品をタップリ塗ることではなく、まずは正しいスキンケアで健康で丈夫な肌をつくることです!

肌が弱い人は紫外線によるシミやソバカスもできやすいので、丈夫で健康な肌をつくってあげることを優先してくださいね!

あらゆる製品に使われている「合成界面活性剤」
洗顔でゴシゴシこすっていませんか?

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

曇りの日の紫外線対策
曇りの日の紫外線対策、皆さんどうしていますか?
今日は天気がいまいちで、空は曇っています。
空が曇っているからといって、紫外線対策を怠っていませんか
実は空が曇っていても、紫外線の量は晴れた日とほとんど変わらないといわれています。
(直接お肌に届くUV-Bの量は、暑い日差しの時よりは若干減少するといわれております)
地上に達する紫外線には、太陽から直接届く紫外線(直射光)の他に大気中の微粒子などによって散乱された光(散乱光)、 もう一つに地面などからの反射光の3つがあります。
紫外線はその半分以上が散乱光であることが測定により明らかになっており、雲が増えるほど散乱成分の比率は増えていきます。
ということは、曇りの日も充分なケアが必要になるということですね。
紫外線対策は日々の積み重ねが何より大切なのです。

あらゆる製品に使われている「合成界面活性剤」
お肌は弱酸性に

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

メラニン
これから先夏本番は最も紫外線の強い季節!

日焼けをきにするならまず、日焼けをすると皮膚ですはどのようなことが起こっているのかを少しかんがえてはみませんか。

日焼けには2種類あり、陽射しを浴びて肌が赤くなるサンバーンは数時間後から現れ、数日で肌のほてりが落ち着きます。
そして、陽射しを浴びた数日後に現れ、数週間から数ヶ月つづく黒い日焼けの事をサンタンといいます。

私たちの肌は紫外線を浴びると、メラノサイト(色素細胞)からメラニン色素が作られます。
角質層をくぐり抜けて内部に入ってきた紫外線に対して、メラノサイトがメラニン色素を作り出して紫外線を吸収し、真皮への侵入を防ぎます。

メラニンの生成は、肌を守ろうとするすばらしい人間の細胞の働きなのです。

本来、健康な状態の肌は28日周期で生まれ変わります。 このターンオーバーが乱れると、メラニンが排出されずそこにとどまってしまうためシミとなってしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因には加齢・生活習慣などがありますが、紫外線も少なからず影響を及ぼしています。

「紫外線は悪いことばかりではない・・・」という記事を以前お送りしましたが、やはり日焼けによる肌トラブルは防ぎたいものです。
そのためにも、「日焼け止め・帽子・手袋・サングラス・日傘・・・ 」などでできるだけ紫外線を浴びないようにする事が、シミなどの肌トラブルを防ぐいちばんの方法のようです。

肌のサイクル
「薬用」と名のつく化粧品

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌環境を考慮したUVクリーム
オゾン層の破壊により、近年では昔より紫外線が強くなってきています。
紫外線が肌にダメージを与えるということを、知らない方はいらっしゃらないと思います。
紫外線が気になるからといって、普段からUVカット化粧品を常用してはいませんか?

UVカット化粧品には、汗や海水で落ちないように、また顔料を多く配合するために合成ポリマー系の成分を使用したクリームや乳液を用いています。
このような成分でつくられているUVクリームを使い続けていると、皮脂がバリアの役目をして守っている肌環境を壊してしまう事にもなります。
また多くのUVカット化粧品には、肌に負担をかけると言われている紫外線吸収剤を使用している商品も多いので日常生活での常用は好ましくありません。
通常の紫外線を避けるときは肌環境を考慮したクリームで、顔料(酸化チタンなど)が紫外線を反射・散乱させる散乱法で肌を守るUVカット化粧品を使う事をおすすめします。

美肌菌
サンスクリーンファンデーション!夏だけではありません。

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

genoafun

Author:genoafun
潤いと透明感
貼りのあるお肌
艶と腰のある美しい髪・・・

ゼノア化粧品通販 e-genoa shop のスタッフブログへようこそ!
初めてご訪問された方は、こちらの記事をお読みください。




カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
GENOA

ゼノア化粧品のご購入は
ゼノア化粧品通販 e-genoa shop
をご利用下さい。
携帯からも商品が購入できます。
バーコードを読取って下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク