【化粧品の成分】

市販されている化粧品の成分!よ~く見たことはありますか?

よく見ていると、なんだかよく分からないカタカナや記号・アルファベットが書かれていてますよね。調べてみるとこれがビックリするほど合成界面活性剤や有害性が高い添加物が多く含まれています。

合成界面活性剤が含まれている製品を毎日のように使用した場合、皮脂膜を流失したり浸透性を得る可能性もでてくるので、お肌の健康を維持するうえでは問題があります。

しっとり感を維持させるためにポリマーもジメチコンのようなシリコーンを多量に配合してある化粧品を使用した場合、肌の表面にしっとり感を持たせる被膜ができていたとしても、今度は皮膚環境を塞いでしまう可能性もあります。

ポリマー類でしっかり水を閉じ込めてしまえばお肌が潤ったようになり、しかも皮内へも水が浸透しているでしょうから、肌が膨らんでシワも消えたように感じるのかもしれません。

アンチエイジングコスメによく使われる成分ですね。
女性にとってアンチエイジングは永遠のテーマ ではありますが ... でも本当にいつまでも若々しくありたいと願うならもっと大切なことがあると言います 。

何が大切なのかを今一度よーく考えてみると・・・
そもそも皮膚は季節を感じたり、外からの刺激や細菌などの感染から体 を守ってくれる身近な器管です。

これが「バリア」という機能です!
その「皮膚バリア」の存在を無視したものを使っていたら、肌の健康は守れません!

どのような「環境」も壊すのは簡単です。
でも、もとに戻すのには時間がかかるから大変なのです。
良かれと思ってアンチエイジングの為に使っている化粧品で、肌の健康を損なわないように気を付けたいものですね。

化粧品に含まれる成分
ベビーソープ

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

化粧品に含まれる成分

お肌のトラブル改善をし、いつまでも美しいお肌を保つことが出来たら嬉しいですよね
いつまでも美しく健康なお肌を保つためには、お肌本来の機能を損なわない毎日のスキンケアがとっても大切です。
美しく健康な素肌作りは「洗顔に始まり洗顔に終わると」言っても過言ではないほど、基礎化粧品の中でも特に洗顔は美肌への道の第一歩だと言えます。

前回のブログでお話した通り、今や合成界面活性剤は色々なものから作り出すことが出来るので、私たちが普段使うとても身近な物に入っています。

合成界面活性剤にはいろいろな表示名称と使われ方があります。

洗浄剤として・・・洗剤・クレンジング・洗顔ホームに

乳化剤・保湿成分・・・基礎化粧品、メイク用化粧品に

浸透剤・・・薬用化粧品・UVカット・美白化粧品に

天然成分・・・無添加化粧品・天然・自然化粧品に
(今やヤシやコラーゲン、アミノ酸など天然の成分からも合成界面活性剤を作ることが出来るため、「天然成分」と書かれているものでも実は合成界面活性剤を使用しているものが多いので要注意です!)

合成界面活性剤はいろいろな仮面を持っているので、私自身もそのような成分が入っていないものを出来るだけ気をつけて選ぶように心がけています。

合成界面活性剤は、お肌と体に色々な影響をもたらします。

本来お肌には外界からの刺激からを守る機能(バリア、脂皮膜)が備わっているのですが
合成界面活性剤はそのバリアを壊してしまう働きがあるのです。その結果アトピーや肌荒れや痒みなどの肌トラブルを起こしやすくなるのです。

皆さん思い当たることは無いですか

ある日、気付いたらなんとなく敏感肌や乾燥肌なってしまっていた事が・・・

心あたりのある方はご用心!まずは洗顔類や化粧品の成分をチェックしてみることをお勧めいたします。

現在市販されているお化粧品のなかで、合成界面活性剤を一切使用していない商品を見つけることは困難な状態です。
私達女性は、多かれ少なかれ化粧品とは長いお付き合いをすることになるので、毎日使う化粧品の内容成分によって美肌にもなり乾燥肌にもなるのだと私は思います。

今や全成分表示なのでしっかり内容成分を確認して商品を選ぶことをお勧めいたします。

最後に一言!

合成界面活性剤の影響が肌の表面に現われるのは、長期使用による積み重ねによってジワジワと「しみ」や「しわ」に形を変えて現われるのです。
化粧品は長く使うものなので、成分を見極めて極力肌に負担のかからない商品を選びましょう

「生れついた肌」「本来の肌」を健康に守るそれがゼノア化粧品

アダルトニキビ
肌サイクル(新陳代謝)

合成界面活性剤と化粧品

皆さんもご存じかも知れませんが、2001年4月1日から薬事法の改正により化粧品の「全成分表示」が義務づけられるようになりました。化粧品の成分表示を見ても、あまりにも多くの成分が並んでいてどれが肌に良いのやら悪いのやら、さっぱり見分けがつきませんね。

見極め参考となる書籍は出ているものの、それを持ち歩いて化粧品売り場をウロウロすることはできない為、殆どの方が合成界面活性剤の入った化粧品をそうとは知らず買ってしまうのです。
その結果、これまで何の問題もなく気持ち良く使っていたのに、数年…または10年・20年と経ってから一気にシワやシミが出て、肌が荒れたりするケースがあります。

これは、合成界面活性剤によって徐々にバリアゾーンの脂が奪われて乾燥し、それをどうにかしようと保湿性化粧水で角質層を水びたしにし続けた結果、角質層が弱くなってしまったために起こる現象なのです。
界面活性剤とは、本来混ざり合うことのない「水と油」を混ぜ合わせる働きをするもので、洗浄剤には欠かせない成分です。
この界面活性剤は大きく2つに分けられます。


脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム(自然界から抽出された成分)で作られたものを「純石鹸」と言い、それ以外の界面活性剤を「合成界面活性剤」といいます。
昔から一般的に利用されていたのは石油から抽出された合成界面活性剤でしたが、今や糖質・コラーゲン・ケラチン・アルコール類・油脂などからも合成界面活性剤を作ることが出来るのです。
合成界面活性剤は浸透力・脱脂力・乳化力・吸着力・殺菌力・防腐力・色素調合力にもすぐれ、化粧品などに用いることで見た目や肌の感触がよくなり、一度作られた製品はほとんど変質しません。さらに低コストであるために、あらゆる製品に広く使われています。
(ボディーソープ、シャンプー、リンス、洗剤、歯磨き粉など・・・)

特に気をつけていただきたいことは、合成界面活性剤はどれも肌にとって
「効き過ぎる」=肌の負担になる
ということですね。

怠っていませんか?「手のケア」

洗いすぎていませんか!

一次刺激性皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎との違い

女性で肌の弱い方は一度は経験されている症状の一つに「化粧品かぶれ!」があります。
化粧品かぶれは症状の多くは、皮膚が赤くなったりかゆくなったりする特徴があります。

知らない方も多いと思いますが、一般に「かぶれ」と呼ばれるものの中には一次刺激性皮膚炎アレルギー性接触皮膚炎とがあります。

一次刺激性皮膚炎は使ったり触ったりしてすぐにかぶれるもので,、最近の化粧品ではほとんど無くなっているといえますが、それに対し長い間何度も使っていても問題無く突然かぶれをおこしてしまう症状がアレルギー性接触皮膚炎といわれるものです。

化粧品かぶれのほとんどはこちらではないでしょうか。

使い始めは何とも無いのですが、バリアが弱っていると化粧品類の中に含まれる成分に皮膚が反応をしてしまし時間を経て、かぶれの症状をおこしてしまします

そのため多くの女性は、今まで使っていて何とも無かったので安全と思い込んでかぶれの原因である合成界面活性剤入りの化粧品を使い続けて皮膚炎を悪化させてしまうのです。

「どうも最近、化粧をすると顔が赤くなったりかゆくなる」という方は今お使いの化粧品の成分を見直して、合成界面活性剤を使用していないか調べてみるのもかぶれ改善の一つではないでしょうか。

エコライフで楽しく掃除
化粧品の価格

テーマ : キレイになれるお得情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

化粧品のリスク及び安全性の判断基準

化粧品の定義とは・・・

「人の体を清潔にし、美化し、魅力をまし、容貌を変え、また皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、体に塗布・散布、その他類似する方法で使用されることが目的とされているもの。人体に対する作用が緩和なものを言う。」 と言われております。

これを忠実に守り化粧品の製品開発を行ってきておりますゼノアで基礎化粧品の役割とは、「肌が持つ本来の機能(バリア機能)を回復し、皮膚を丈夫にするという目的でなければならない」を基本に作られています。

特にシャンプーやメイク落とし及び洗顔石けんのように洗浄用だけに用いる界面活性剤は、泡立ちをよくする為に合成界面活性剤を使用します。

合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるという欠点があり、皮膚バリアである皮脂膜を流出してしまうため荒れ肌、乾燥を引き起こす可能性が高くなります。もちろん合成界面活性剤の中には、低洗浄・低刺激のものもありますが、どちらにせよ分解されにくい性質の為、皮膚環境に長く残留することが弊害となっています。

現在ではドラッグストアーなどに数十種類の化粧品がところ狭しと並べられて売られていますが、化粧品の成分を調べてみるとヒアルロン酸・アミノ酸・水溶性コラーゲンなどの保湿剤や合成界面活性剤が多く含まれていることがわかります。それが乾燥肌で悩まれる方が激増している要因のひとつでもあるのです。

合成界面活性剤の乱用はよくないと思いますが、化粧品を製造、販売、愛用する為に界面活性剤はなくてはならないものです。合成界面活性剤全てが悪いというわけではなく、要は質の問題になります。

化粧品のリスク及び安全性は単一原料で一概に判断はできません。
界面活性剤のみを評価するのではなく、その商品の持つコンセプトと成分構成を見て、トータルで判断することが重要なのですね。

シャンプーや洗顔フォームの「植物」の表示本当ですか
毛穴の開く原因・・・乾燥!

テーマ : 肌トラブルに役立つスキンケア化粧品 - ジャンル : ヘルス・ダイエット