美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

常在菌を増やして、肌本来の環境を保ちましょう。

清潔にすることは良いことですが、無菌や除菌にあまりにもこだわり過ぎてはいませんか?

例えば、手をよく洗うと清潔を保てそうですが、 合成界面活性剤入りのボディーシャンプーやハンドソープなどで手を洗いすぎると、皮膚の表面にある「常在菌(じょうざいきん)」外来菌から身を守るバリアの役目も果たす大事な菌類たちも洗い落としてしまい、肌がかさかさになったりと肌本来の環境を保てなくなります。

もともと人の皮膚の表面には「皮脂膜」という脂分で出来た膜があり、10~15種類くらいの常在菌が存在します。
菌類の中でも、特に重要な働きをするのが「表皮ブドウ球菌」いわゆる美肌菌と呼ばれるものです。

表皮ブドウ球菌は、皮膚の上の汗や皮脂を食べ、グリセリンという成分を排出します。また、アミノ酸などの酸を作り肌の栄養素を作ったり、肌を弱酸性に保つことで、病原菌が外から進入するのを防ぐバリア機能になります。

その一方で肌トラブルを引き起す菌も存在します。

ニキビを生み出す「アクネ菌」や皮膚を化膿させる「黄色ブドウ球菌」が代表的な菌です。

他、紫外線を浴びすぎると肌はアルカリ性に傾き、表皮ブドウ球菌が活発に活動することが出来ません。
乾燥肌も美肌菌を棲みにくくする要因の一つでもあるので、弱酸性の化粧水で保湿をしっかり行いしましょう。

メイクをする際も、密着性・閉塞性の高い合成ポリマー入り化粧品でメイクをしてしまうと、表皮ブドウ球菌が棲みずらくなります。

これらの事に気を付けて、肌の機能を高めるために皮膚常在菌のための皮膚生理学的に考えられた化粧品で毎日シンプルなスキンケアを行ってくださいね!

メイク汚れ落とし
洗いすぎていませんか!

このページのトップへ

爪を健康に保つために!

さん!ご自分の爪は健康ですか?
健康と聞くと「身体」とは結びつきますが、爪の健康について考えてみたり気にしたことは余りないのではないでしょうか
昨日爪を切っていたら、余りに爪に縦線が入っているのでちょっと気になり調べてみました。
なんと、爪は健康状態を表すバロメーターと言われていて、身体の調子によって色や艶にも変化があるそうです。
と言うと、私の縦線だらけの爪は・・・???

爪に縦線が入っている場合は、年齢に関係するもので主に爪の老化現象だそうです。
過労、貧血、血行不良になると縦線が入るらしいのです。余りにも情けないので専用のヤスリ等を使って軽く磨こうと思っています。
爪を健康に保つためには、亜鉛・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCなどを積極的に摂取したほうが良いです。
特に亜鉛はたんぱく質の合成や髪・骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルで、不足すると爪の変形や変色を起こしやすくなりますので気にかけて日々の食事に取り入れるようにしましょう。

宣伝文句に惑わされるな!!
肌の抵抗力

このページのトップへ

唇のガサガサ

こんにちは!e-genoa shop 松土です。
まだまだ寒く乾燥気になる季節ですがれでも暖かい日は春物のコートを着たことに後悔するほどの日もありますよね。

休日にお散歩していると、梅の花が咲いていたり、品種によっては、桜も咲いていたり…と少しずつ春が近くなっているのを感じています。暖かい日などは寒暖の差があって体調管理も難しい時期ですがみなさんお気をつけください♪

とは言えまだまだ肌寒い日も多くお肌の「乾燥!」も気になりますね。
肌のカサカサは顔も手も足もカカトもすべて気になりますが、ガサガサした唇、皮むけにも困ってませんか?
最近では、男性でも年中リップクリームが手放せない人が増えているとか!
唇が荒れてガサガサになって口紅がにじむようになってしまっていては、せっかくのメイクも台無しです。

唇の縦ジワの最大の原因は乾燥です。
そして、年齢により皮膚の弾力が失われたことも原因の一つと考えてもよいでしょう。
縦ジワの改善には唇をマッサージすることが効果的です。

簡単な方法としてはマッサージクリームを多めに唇に馴染ませ、指で小さく円を描きながら唇の左端から右端へとマッサージします。その際に左指は唇の端を押さえるようにするとしっかりマッサージができますよ。上唇から始めて下唇へ。
逆からも行って見ましょう。

3セットもすれば十分です!
マッサージのやりすぎは、かえって唇の負担になってしまいますので気をつけましょう
後は血液の循環を促すために、軽く摘んだりたたいたりして適度な刺激を与えてあげることもお勧めです。

マッサージをやり終えたら、余分な油分は塗らしたコットンなどで拭き取ってくださいね
いかがでしたでしょうか?唇の乾燥はほおっておくと角化が進み、硬くなってきます。
週に一度するだけでかなり変わってくると思いますよ。

まずはゆっくり時間があるときにでも試してみて下さいね。

冷えと乾燥
セラミドが作られる過程

このページのトップへ

3月は肌が不安定になる!?

3月から4月にかけての春先と9月から10月の秋の入り口にかけては体調も崩しやすくなり、お肌も変化を感じ、肌荒れを起こしやすい時期でもあります。

その理由の一つとして、季節の変化に肌がついていけないということも考えられます。
こんなときのスキンケアの第一歩として、まず洗顔を見直してみることが大切です。

気温の上昇に伴い皮脂が活発に出はじめると、ベタベタして気持ちが悪いといってはゴシゴシと過剰な洗顔をしがちになります。

私たちの体の仕組みは不思議なもので、「取れば減る」というような単純なものではないのです。

過剰な洗顔をして必要以上に皮脂を取りすぎると、取った分は補充をしようという機能がはたらくのです。

と言うことは・・・

減るのが激しくなれば、それを補うためにどんどん皮脂が出てきてしまう・・・
洗顔のやりすぎは皮脂腺の肥大化につながる原因にもなります。

皮脂が必要以上に出すぎてしまうと、肌のバランスが崩れニキビ肌につながってしまう可能性もあるので、暑いからといって洗顔のしすぎには注意しましょう。

お肌のベタツキが気になるときは石鹸や洗顔料で洗顔をするのではなく、お水で素洗いするぐらいに抑えておくとよいかもしれませんね。

肌の抵抗力
冷えと乾燥
ゼノア化粧料本舗の商品は ゼノア化粧品通販 e-genoa shop からご購入下さい。

このページのトップへ

肌の抵抗力

一般に季節の変わり目に体調を崩しやすいことがあるように、お肌のコンディションも崩してしまう方も多いですよね。
普段は丈夫なのに、何故か急に敏感気味になってお肌が慌てしまった・・・という経験、皆さんありませんか。
ダメージを受けにくく抵抗力のある肌と、急に敏感肌になってしまうなど、抵抗力のない肌との違いは何だと思いますか?

それは皮脂の量です。

「皮脂」とは私たちの肌を寒さ、熱さ、雨、風などの外界からの刺激から守っています。
また肌が硬くならないように、潤いを与えてくれているのです。
やはり素顔は潤いのある「たまご肌」でいたいですよね。

角質層にとって皮脂膜の働きとは

角質層の柔軟性を保つ。
角質層の保湿性を保つ。
異物の侵入を防ぐ。
外界の刺激に対処する。
このような働きを持っています。

大体20歳を過ぎるころから皮脂の分泌の量は減少してゆき、この傾向が著しいのが女性なのです。
ちなみに額で10円玉ぐらいの範囲で皮脂の量(10時間当たり)は60歳男性で0.8g
女性については0.3gといわれています。

それって10時間かけて耳掻き5杯ぐらいの量しか出ないってこと???
日頃の洗顔でクレンジング類をお使いの方、メイクと一緒に大切な皮脂まで落さないように気をつけてくださいね<

良質な睡眠
皮脂の役割

このページのトップへ