美肌日記

美肌日記は「美容と健康」をテーマに、ゼノア化粧品通販サイト【e-genoa shop】のスタッフが書いています。

コラーゲンをつくる飲み物

40代になると多くの女性が気にする、「首のシワ!]30代の頃はあまり気にならなかったのに40歳を過ぎるころから何となく気になりだしたっ・・・という方多いのではないでしょうか。

特に首は見た目年齢のバロメータと言われるほど、シワがあると老けて見られやすい箇所ですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
顔のシワには意外と敏感な方は多いんですが、首のシワまで気にかけている方は意外と少ないかもしれません。

皆さん!首のシワお手入れしていますか?

毎日スマホに夢中になって下ばかり見ていて気がついたら首に深いシワが!なんてことになりかねませんよ。

首のシワは一度出来ると目立って見えてしまうので、実年齢よりも老けて見えてしまいます。
顔のシワを目立たなくするアイテムはありますが、首のシワ用はなかなか見かけませんね。

意外と見られている首のシワ、老けてみられないように絶対に作りたくないものですね。


お肌のうるおいとハリのもと!コラーゲンをつくる飲み物でお奨めなのが「柿の葉のお茶」です。

柿の葉には緑茶の20倍のビタミンCが含まれているとされています。

よくビタミンCはシミ・くすみに良いとされますが、これはメラニンの色素を還元する作用やメラニン自体の生成を抑制する作用があるからです。
他にはシワ改善!

ビタミンCにはコラーゲンを生成すっる機能があったのですw(゚o゚)w

つまり、ビタミンCが体内で不足されてしまうとコラーゲンも十分に生成されなくなってしまうのですね!

その理由は、ビタミンCはコラーゲンを合成する時に必要な酵素の働きを助ける補酵素として働くといわれているからです。
ビタミンCを摂ることで、コラーゲンの生成が促進されてお肌のハリを取り戻すことが出来るのです。

柿の葉茶について詳しい内容は、柿の葉茶 をご覧下さい。

このページのトップへ

大きな目!アイメイク

女性にとって大きな目ってとっても印象的ですよね。
特に今どきのメイクはすごい!!
メイク前後で別人のように変わる女性の写真((((;゚Д゚)))))))もぉ~ビックリですよね!!
特にあの女性の"半顔メイク"!片側だけ見ると「誰!?」と思うほど全く印象違いますよね(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
本来の目の大きさよりも倍に大きく見せるために、アイラインをふかぁ~く入れて、つけまつげを2~3枚重ねて… バッサ、バッサって感じですよね。
そんな女性の目を見るたびにず~っと気になってたんです。
目への負担は無いのかなぁって・・・。
若いと流行りを追い求めすぎて、目の健康には気を配れないものです。
気持ちはわかりますけどねっ
日本のことわざで「目は口ほどにものを言う」ということわざがありますが、目の状態でその場面での心理状態が手にとるように読み取れるものです。
特に女性はアイメイクで目元の表情を変えることができ、またアイコンタクトによるコミュニケーションも日々の生活を楽しくします。
メイクアップでの表情作りは大切なポイントですネ!
顔のポイントになる目はパッチリ・はっきりと、そしてもう一つ大切なことはそのメイク商品がお肌に負担をかけない成分で作られているか・・・ですね。
目は顔の中でも敏感な箇所です。
なかでも、目のキワまでいれるアイラインの成分には気をつけなければなりません。
目の病気になってしまったら、楽しいメイクも台無しですものねっ

紫外線散乱と紫外線吸収剤
非乳化型のファンデーション

このページのトップへ

紫外線散乱と紫外線吸収剤

UVカット化粧品には、大きく分けて2種類あることはご存知ですか?
それは、紫外線散乱剤配合のものと、紫外線吸収剤配合のものです。

 チョッとお話がかたくなってしまいそうですが、聞いてくださいね。

紫外線散乱剤は、その名の通り肌の表面で紫外線を反射・散乱させ、紫外線をブロックするものです。「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの天然顔料がお肌に当たる前に紫外線を跳ね返すものなので、お肌への負担は少ないといわれています。

一方紫外線吸収剤とは、吸収剤が紫外線のエネルギーをいったん吸収し、それを熱に変えて放出し肌への侵入を防ぐものです。吸収剤は化学的な反応を利用しているのでUVカット率は高くできるのですが、その分お肌に負担を与えることになってしまうようです。

散乱剤はお肌にやさしく、吸収剤はUVカット力が強い ということになりますね。

ゼノアの商品は、お肌への負担を考え、日焼けを防ぐためには紫外線散乱剤を配合しています。
アンティサンバンは、紫外線散乱剤によるボディ用のUVカットクリームです。
腕や首などはアンティサンバンを塗った上から酸性パウダーをつけてあげるとベストですよ。

常在菌を増やして、肌本来の環境を保ちましょう。
制汗スプレー

このページのトップへ